東大阪市でカレッセを使用しカバー工法、箱樋・笠木部分も板金で施工


カレッセというガルバリウム鋼板の屋根材を使用しカバー工法を行います。

カバー工法とは既存の屋根材の上に新しく屋根材を葺く施工です。「重ね葺き」とも呼ばれます。
屋根丸ごと葺き替えると、廃材処分費などが大きくなりますが、カバーはそのまま新たに屋根を被せる為、葺き替え工事より費用を抑え工期も短縮できます。歯科医院様の屋根は2日間の工事予定です。

今回使用しますカレッセはカバーに適した屋根材でなんと日本瓦の約1/10の軽さです
カバー工法のデメリットでもある気になる重量も重ねても心配はいりません。他にも、板金屋根は雨音などが気になる・・・。とご不安に思われてる方も多いかもしれませんが、このカレッセは防水性遮音性にも優れています。重ね葺きだからこそ実現できるメリットです。

カレッセの性能なども含めながら、1日目の工事内容に移ります。
棟部分解体
まず、既存の棟板金を取り外します。
板金の下には、貫板(ヌキイタ)があり、貫板はしっかりと水が吸い込み黒く変色していました。。

こういったまま放置してしまいますと、板が腐り台風などの強風により棟板金が飛散する可能性がありますので、飛散して落下すると大変危険です。ですが今回新しくなるのでこちらは安心ですね!
粘着のルーフィングを奇麗に敷きこみます
既存のカラーベストの上に、下葺き材の粘着ゴムアスルーフィングをよれないように奇麗に貼り付けていきます。
固定するためにタッカーなどで止めなくていいので防水性を高めます。
笠木部分もガルバリウム鋼板をかぶせます
歯科医院様邸は軒先は箱樋、笠木がございますので同色のガルバリウム鋼板で形どり上からかぶせビスで固定します。

箱樋部分は以前はウレタン防水を使用してましたが、今回は板金を被せさせて頂きました。これで防水切れなどのトラブルは防ぎ今後メンテナンスもしやすくなるかと思います
カレッセを葺いていきます
屋根本体にカレッセを葺いていきます。
カレッセは上下ががっちりかみ合うように作られていて、かみ合う部分にビスで固定していくので、軽量の屋根材ですが飛散しないよう考えられています。

また瓦と瓦のつなぎ目にはカレッセ独自のジョイントパーツという部材を敷き、施工します。これは、万が一つなぎ目から雨水が浸入しても特殊シーラーがついているジョイントパーツから排水されます。

1日目の工事は本体の屋根部分を葺き終了です。
翌日、棟部分・庇(ヒサシ)部分を施工します。
ありがとうございました

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

H様より初回お客様の声
弊社にお問合せする前にどんなことで悩んでましたか?
雨もり、修理見積の相場
何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?
インターネットの広告
弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに連絡しました。
何が決め手となり弊社にお問合せ頂きましたか?
広告の内容
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
疑問がとけて良かった

お客様の声完工後

H様、カバー工法を行いました完工後お客様の声
Q施工業者を決められる際に前にどんなことで悩んでいましたか?
A雨もりがなおらない 見積りに不安(一定ではない)
Q何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?また何故弊社にお問い合わせをしようと思われたのですか?
Aネット広告
Q弊社への発注をすぐにご決断頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことが不安になりましたか?
Aすぐでした。
Q数ある会社の中から、弊社へ工事を発注して頂いた一番の決め手は何でしたか?
A説明がわかりやすく、見積り額が納得できた為
Q工事が終わってみていかがですか忌憚のないご意見を頂戴できましたら幸いです。
A満足しております。

この工事の現場ブログ

天井裏雨漏りを確認

2017/09/02/ 東大阪市で雨漏り、天井裏・カラーベストの屋根の点検に伺いました。

東大阪市の歯科医院様から雨漏りの為、補修かカバー工法で見積りを依頼したい。とお問い合わせを頂き現場調査に伺いました。左の写真は屋根裏の雨漏り箇所の写真です。暗く、写真では見えにくいですが赤丸の部分に雨水が浸入した部分です。現場ではしっかり確...........

棟取り付け

2017/09/05/ 東大阪市 板金屋根カレッセで瓦風デザインで気品のある屋根が仕上がりました。

カバー工事2日目です。棟(ムネ)部分に貫板(ヌキイタ)をつけ、貫板の両端にシーラーというスポンジテープのようなものを取り付けます。旧貫板は水を吸い黒く変色をしていましたが、今度は棟部分に雨水が入り込んでも、シーラーには止水の効果があります。...........

棟部分解体

2017/09/04/ 東大阪市でカレッセを使用しカバー工法、箱樋・笠木部分も板金で施工

カレッセというガルバリウム鋼板の屋根材を使用しカバー工法を行います。カバー工法とは既存の屋根材の上に新しく屋根材を葺く施工です。「重ね葺き」とも呼ばれます。屋根丸ごと葺き替えると、廃材処分費などが大きくなりますが、カバーはそのまま新たに屋根...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

東大阪で塔屋の陸屋根のシート防水工事、笠木板金取り換え工事

塔屋陸屋根の防水工事施工前
塔屋陸屋根施工後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート(TAJIMA)/ガルバリウム鋼板
築年数
約33年
建坪
保証
工事費用
約30万程(内壁補修含め)
施工事例

東大阪市カラーベストのカバー工法でリッジウェイを葺きました。

カラーベスト 古い
リッジウェイ カバー工法
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
リッジウェイ
築年数
25年
建坪
48坪
保証
工事費用
施工事例

東大阪市 カラーベストから板金屋根のカレッセにカバー工事

施工前屋根の状態、屋根材はカラーベスト
カレッセ、カバー工事完工
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

まずはレッカーを設置します。

寝屋川市の波板スレートで葺かれた工場の屋根を、既存も波板スレートを外さないで上からカバーするガルバリウム鋼板のリファインルーフ650で工事を行うことになりました。30年以上前に建てられた倉庫、工場などはほぼ波型スレートで葺かれていることが多...........

枚方市ベスト施工前

施工前のベストの様子です。経年劣化により、塗装の剥がれ、ひび割れ、苔が生えていました。屋根を補修する良い目安だと思います。この状態を放置していると、強風などで飛散し、周囲の家や人に当たったりすると大変な事になります。

門真市 施工前避雷導線

門真市のマンションの工事の続きです。以前の現場工事のブログは下記リンクからご参照ください。⇒ 門真市 マンションの避雷導線の撤去工事、屋根改修後に復旧⇒門真市 立平板金で屋根改修工事、どんな屋根にも合う屋根材の施工屋根カバー工事が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060