オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

雨漏り調査、棟瓦の経年によるへたりとコーキング補修にも問題ありました。


雨漏りシミ
雨漏り調査の依頼を受け、調査にお伺いしました。まず天井の雨漏りシミを確認させていただきました。

雨漏りしていた箇所を確認し、屋根に上り原因を追究します。
異常のない平瓦
こちらの屋根は和型の釉薬瓦です。
どの屋根面も平瓦にはズレや割れは見当たりませんでした。
雨漏りしていた箇所
この部分がちょうど雨漏りしていた箇所の上部の棟部分です。雨漏りは熨斗瓦(のし瓦)から入ってきているようです。経年のヘタリから熨斗瓦の勾配が緩くなっています。

また過去にコーキングで補修されていました。
コーキングで熨斗瓦の重なり目を埋めています。
こうしてしまうと中に入った水がかえって抜けにくくなり雨漏りを起こしやすくなります。
三つ又部分
大棟から隅棟につながる三つ又部分です。
三つ又部分は漆喰もきれいな状態で異常は見当たりませんでした。
隅棟鬼瓦
隅棟鬼瓦漆喰
隅棟の鬼瓦廻りの漆喰が剥がれ、葺土が露出していました。このままではここからの雨漏りも起きる可能性があります。中の土が雨で流れ鬼瓦が落下する危険性も・・。

今回調査させていただきまして、屋根の異常が見られたのは熨斗瓦の勾配、過去のコーキング補修、鬼瓦の漆喰の剥がれでした。
勾配が緩くなってきますと、キツイ吹き降りの雨などが棟内に入りやすくなります。さらに過去にされていたコーキング補修で雨水が抜けにくくなっていたため雨漏りが起きたと考えられます。お客様には今後の事を考え棟7寸丸瓦葺き替え工事をご提案させていただきました。


雨漏りでお困りの方は、お気軽に街の屋根やさん大阪門真店にご相談ください。
ありがとうございました。

街の屋根やさん大阪門真店 0120-198-060

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市長屋施工前

1階建ての長屋の間の部分を葺き替える依頼を受けました。年数がかなり経ち、瓦のズレ部分から雨水が侵入し雨漏りが発生していました。施工までに日にちがあったので応急処置として、シートを無償で設置させていただきました。

門真市 和瓦の暴風被害

暴風の影響で屋根被害を受けているとのお問い合わせをいただきました。木造アパートの瓦屋根です。今回調査は立ち合いが難しいとお伺いしましたので、お客様ご不在での調査を行いました。立ち合い困難やコロナの心配等も屋根調査は外から調査可能でございます...........

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060