屋根工事コラム


粘土瓦いぶしの屋根写真

和型瓦にはいぶし瓦と釉薬瓦(ゆうやくがわら)がございます。簡単にゆうと瓦を燻しているのがいぶし瓦、釉薬で色を付けているのが釉薬側になります。この2つの種類の違いについてご紹介していきたいと思います。街の屋根やさん大阪門真店

寝屋川市 階段テラス

ベランダや駐車場の屋根に使われているポリカーボネート(ポリカ)とはどういうものなのか、簡単にご紹介させて頂きます。ベランダの屋根だけでなく私たちの身近なものにもたくさん使用されている材料ですので是非、ご参考にしてください。街の屋根やさん大阪門真店

谷板金

屋根に降った雨水はどのように地上まで流れているのかを見ながら、お住いの各部位の役割をご紹介していきます。雨風から私たちを守ってくれいている屋根のことを少しでも知って頂けると幸いです。街の屋根やさん大阪門真店

お家の写真 素材

台風の後にチェックするべきポイントをご紹介致します。ご自身でできるチェックポイントと、業者にお任せするべきポイントを写真と一緒に見ていきます。また、台風などの自然災害で建物に被害を受けた際には火災保険が適用されます。弊社でも屋根点検、外壁点検行っているので、お気軽にご相談ください。街の屋根やさん大阪門真店

優良屋根業者 営業 素材

信頼のできる優良屋根業者の見分け方をご紹介致します。屋根は見えない部分なので悪徳業者が存在するのも事実です。お客様に安心して工事を行ってもらえるよういくつかのポイントをご紹介致します。街の屋根やさん 大阪門真店

雨 水たまり 素材

雨漏りを発見した際に、慌てることはありません。すぐに屋根がつぶれてしまう事もありませんのでご安心ください。ですが放置しておくのはお住いの傷みが早まってしまうので早急に屋根業者に見て頂き原因を突き止めましょう。街の屋根やさん大阪門真店

台風被害 イラスト 素材

昨年2018年9月の大型台風の被害でお問い合わせが殺到しておりましたが、半年たった今でも昨年の台風で被害を受けたと調査依頼がございます。今年も梅雨、台風シーズンが近づいてきましたのでご不安な方は専門業者さんに診ていただきましょう。街の屋根やさん大阪門真店

八尾市 はしご設置

屋根のリフォーム工事は、いつかはしなければいけないお住いのメンテナンス工事です。屋根の上は2階で約7メートル、3階だとおよそ10メートルございます。足場を立てたとしても屋根材や工具はどのように運んでいるのか?今回はそんな屋根工事の必需品をご紹介していきます。街の屋根やさん大阪門真店

茨木市 いぶし瓦屋根解体工事

屋根の上は高所な上に勾配があるので、屋根工事を行う職人達は日々危険と隣合わせです。普段歩く道とは全く違い、屋根材を傷つけないように足を踏み外さないように慎重に作業をしています。なかなか見ることのできない、作業風景をご紹介していきます。街の屋根やさん大阪門真店

コケ・カビがはえている大屋根

屋根の点検をしていますと、屋根に雑草が生えていたりコケが生えていることがしばしばあります。屋根にとって水気が常にあることは屋根材の劣化を早める上、雨漏りに繋がる可能性がありますのでコケや雑草は屋根の天敵です。屋根にコケ・雑草が生える理由とリスクをご紹介していきます。街の屋根やさん大阪門真店

足場の架設をして行きます。

外装工事を行うにあたり、近隣様へご迷惑がかかると心配というご相談があります。工事中は最善の配慮を行っておりますが、騒音やほこりがまったり、車の出入りも増えてしまいます。事前に近隣の方への挨拶廻りを行うなど最善を尽くし工事を行います。気になる点やご不安がありましたらお気軽にご相談ください。街の屋根やさん大阪門...........

台風の画像 大雨

台風の被害に備えてお住いの状態をチェックしておきましょう。事前に対策しておくことで安心して台風シーズンを迎えることが出来ます。※屋根の上は高所の上勾配もあり非常に危険ですので素人の方の屋根点検はお控えください。街の屋根やさん大阪門真店

門真市 台風被害にあった屋根

台風や地震といった自然災害で屋根に被害が出ている場合の、二次災害にはお気を付けください。屋根は正常の際でも勾配があり足場の悪いので、被害を受けられている場合さらに足場が悪くなります。高所の為転倒や落下など身に危険も及ぶため素人の方は絶対に屋根には上がらないでください。街の屋根やさん大阪門真店

ベスト割れ

屋根調査の時にどのような箇所をチェックするのかお写真と一緒にご紹介していきます。屋根材によって異なりますので今回はスレート屋根材や板金屋根材の調査する箇所をご紹介していきます。街の屋根やさん大阪門真店

隅棟漆喰の剝離

屋根工事を行う際の屋根チェックポイントをご紹介致します。雨漏りなどの被害がでていない場合でもお住いは10年を目安に点検・メンテナンスが必要になってきます。点検後問題が無ければ安心して頂けますし、何か不具合がある場合は補修することで屋根も長持ちします。街の屋根やさん大阪門真店