オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市|文化住宅の屋根葺替工事の現調に行きました。


寝屋川市の文化住宅の青緑の文化住宅の屋根瓦を葺替工事してほしいので、御見積もりをお願いしたいとのご依頼が入りましたので、現地調査に伺いました。
ここには同じ家主様の文化住宅が2棟ございまして、その1棟はすでに葺替工事を終えており、今回もそこと同じ屋根材での葺替工事のご依頼を受けました。
昔懐かしい文化住宅です。
建て物全景です。昔はこのような青い瓦の文化住宅がたくさんあったのですが、どんどん解体され分譲住宅になるか、マンションになっていますね。
青緑の和型釉薬瓦です。
青緑の和型釉薬瓦です。この色の瓦は昭和40年代で大流行して、この色で葺かれている屋根は多かったのですが、今では瓦自体はまだあるのですが、新築や葺替工事で葺かれる方はいなくなりましたね。
なぜ、青い瓦が流行ったか?
聞くところによると、青いモダンな屋根の色は、西欧っぽく文化的憧れだったそうです。
40年も経ちますと、所々傷んでいます。
40年近く経ちますと、瓦ズレなども見られますし、屋根のアンテナなども倒れていますね。
瓦棒部の板金も錆びています。
瓦棒部の板金も錆びが出てますし、アンテナ線で軒先の瓦が引っ張ってズレてますね。
壁際は塗り込んでます。
段差屋根になっており、破風側は瓦ごと塗り込んでいますので、瓦を外したときは、板金などで塞ぐ必要がありますね。
中山化成(株)のニュールーフィックス
お隣の棟は既に葺替工事が終わっております。和風の瓦です。
でも、これ実は板金屋根材なんです。
中山化成(株)のニュールーフィックスという、ガルバリウム鋼板を成形した厚型鋼板瓦なです。
ニュールーフィックスは棟も和風
ニュールーフィックスは棟もノシ瓦を積んだような意匠で、和風です。鬼瓦の付いてますね。
でも、これもガルバリウム鋼板でできているのです。
軽量で、日本の伝統的な和風の意匠を醸し出す鋼板瓦なんですね。
今回は、このニュールーフィックスでの葺替工事と、石付の波型ガルバリウム鋼板の新東(株)の「かわらS」でお見積りをさせて頂きます。
軽量瓦にしたら、和風の重厚感ある屋根が無くなると思っていませんか?
実は、軽量で強く、そして和風の重厚感を損なわない屋根材もたくさんございますので、
葺替工事をご希望でしたら、屋根のスペシャリスト「街の屋根やさん 大阪門真店」
お気軽にお問い合わせ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市瓦割れ

以前調査した時の地瓦の割れがひどい部分です。この場所の真下付近で雨漏りを確認していたので、一度めくっていきます。

枚方市ベスト施工前

施工前のベストの様子です。経年劣化により、塗装の剥がれ、ひび割れ、苔が生えていました。屋根を補修する良い目安だと思います。この状態を放置していると、強風などで飛散し、周囲の家や人に当たったりすると大変な事になります。

東大阪市門屋補修前

ここの、角の部分に、トラックがバックでぶつかったのですが、瓦だけでなく木の土台や雨樋にも当たっています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060