オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

交野市 モニエル瓦をROOGA雅に葺替えして欲しいとのことで現場確認をしました。


交野市のT社のハウスメーカのお宅で、屋根にはモニエル瓦センチュリオンが葺かれてあり、葺かれてから25年以上たっているので、葺替工事を検討したいとご依頼がありましたので、現場確認をさせて頂きました。葺替する新しい屋根瓦は、軽量化瓦のROOGA雅がいいとのことで、樋も含めて提案させて頂くことになりました。
片面が急勾配のお宅です。
セメントのモニエル瓦が葺かれています。写真ではわかりにくいですが、左側の面は、急勾配で7寸勾配ありますので、歩くことはできません。工事時には屋根足場が必要になります。
モニエル瓦の塗膜は完全に褪せています。
モニエル瓦の表面塗膜は経年で完全に色褪せてしまって、セメント基材が剥きだしになってます。このままでも防水上は問題ないのですが、雨水が流れにくくなり、汚れ等が付着しやすくなりますし、染み込んだ雨水の乾燥に時間がかかりますので、カビや苔などが生えてしまいます。
面戸はセメントです。
このモニエル瓦の場合は、土などを使用しないので、面戸部分は漆喰ではなく、セメントで仕上げております。
瓦の山形状から面戸部分の露出面積も小さいので、あまり劣化はしにくいのです。
でも、瓦には汚れや、苔が多く付着してますね。
少しモニエル瓦がズレています。
少し隅棟のカットした瓦がズレていますね。釘で留め付けてあるのですが、留め忘れかもしれません。
棟瓦は釘穴から銅線がでて、それを縛って留め付けていますが、この年数が経ってもズレ等はありません。
最近の瓦はすべてビスで留め付けますが、銅線での縛りも強いものですね。
化粧鼻板の内側に付くタイプの樋です。
樋は、化粧鼻板が前に張り出していて、その内側に樋が付くタイプです。ハウスメーカーの家にはよくあったのですが、樋が見えないのでスッキリとした見た目になるという利点があったのですが、古くなると、これがある為に樋を吊っている金具が交換できないので、同じ形状の樋だけを交換することになります。化粧鼻板の鋼鈑にも錆びがあるので、塗装なども必要になります。
樋に汚泥が溜まっています。
樋は、雨水が貯まる部分には汚泥が溜まってしまいます。この部分も汚泥が固まって溜まっています。これは、樋の勾配が取れてないことで水が貯まるのですが、先程も書きましたが、瓦の表面塗膜が褪せることで雨水の流れが悪くなり、汚れが付着さいやすくなることも、汚泥が溜まってしまう一因でもあります。
この葺かれているモニエル瓦センチュリオンは、昔は一世を風靡した瓦で安価で性能もよく、新築住宅に良く葺かれたのですが、現在はメーカーも解散してメンテナンス用の瓦も底をついてきました。
しかし、25年といえばかなりの年月をこの家の屋根を守ってきたわけですがから、立派なものです。
この次はROOGA雅にバトンタッチして、これからも長くこの家の屋根を守ってくれることでしょうね。。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

カラーベスト苔
MFシルキー完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060