枚方市 軒先部分の銅板一文字葺に穴が開いてしまったので、カレッセS遮熱プラスで重ね葺をしました。


枚方市の数寄屋造りの日本家屋の軒先部分が銅板一文字葺の銅板部分が長年の瓦から落ちる雨水で穴が開いてしまって、そこから雨漏りを起こしてしまっているので、本来なら銅板の葺替などになるのですが、銅板自体の価格も高く、また耐候性を考えると、強いものでもないので、既存の銅板一文字を外さずに上からカレッセS遮熱プラスを重ね葺工事をすることになりました。
その方が、スッキリとした意匠になり、耐候性もメンテナンス性にも優れているのでお勧めなんです。
銅板の上に一文字軒瓦が乗せてある日本の伝統的な仕舞です。
写真のように、軒先部分のみ銅板一文字葺をされて途中から瓦葺になっている屋根ってよく見かけますが、この銅板が瓦から落ちる雨水で穴が開いてしまい、雨漏りを起こしていることは良く見られる事例です。
銅板ですから、酸に弱く、最近の酸性雨などで穴が開いてしまうのです。
銅板の上に乗っている一文字軒瓦を外していきます。
銅板部分を重ね葺するには、瓦の下に新しいカレッセを葺かなければなりませんので、まずは、軒先からの瓦2列を外して、葺土も取り除いていきます。
この軒先に使われてる瓦は一文字軒瓦といいまして、一枚、一枚、相羽という擦り合わせ加工をしてますので、外した〃順番で並び直さなければなりませんので、わかるように外して置いておきます。
銅板に穴が開いてしまい、そこから雨漏りを起こしています。
銅板の瓦が乗っていた部分に穴が開いてるのがわかります。
瓦の雨水の流れる谷部分の下で、等間隔で穴が開いてしまっているのがわかります。
銅板の上から電蝕を防ぐために、粘着ルーフィングをはります。
銅板一文字部分に粘着性の防水下葺材の「ルーフラミテクト」を貼っていきます。
これは防水の意味もありますが、異なる金属同士が直接触れると電蝕という現象が起こり、そこから腐食が進んでたりするので、直接触れないようにしてやる意味のあるのです。
カレッセを重ね葺していきます。
防水下葺材をはったら、いよいよガルバリウム鋼板製横葺屋根材の「カレッセS遮熱プラス」葺き上げていきます
をはったら、いよいよガルバリウム鋼板製横葺屋根材の「カレッセS遮熱プラス」葺き上げていきます
色は、「いぶし」で和風にもよくあう色合いですね。
隅棟はカレッセの廻り隅で納めます。
今回の物件は隅棟もありますので、本来ならば
棟包板金を取り付けるのですが、ここはカレッセの上に一文字軒瓦を乗せますので、通常の棟包板金では段差ができてしまうので、廻し棟という、段差のないスッキリとした棟仕舞で施工します。
ケラバ側もカレッセならスッキリ仕上がります。
ケラバ側もカレッセ独特の、瓦調の丸みのある意匠で、和瓦ともマッチングもいいですね。
カレッセを葺き上げた後、一文字軒瓦を葺き直していきます。
カレッセS遮熱プラスを葺きおえますと、和形瓦を復旧していきます。
一文字軒瓦を取り付け、先端は壊した棟部分の積み直しを行い完成になります。
銅板は経年変化で緑青がでて、味のある緑に変色して趣もあるのですが、耐候性が弱いのが難点です。
見た目に問題はなくても、上に乗ってる瓦の下に穴が開いているここもありますので、天井にシミ等がありましたら、雨漏りをしている可能性がありますので、一度屋根点検を行った方がいいですね。
銅板には、葺替工事だけでなくこのよなガルバリウム鋼板による重ね葺でも、対応できますので
お気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒先の銅板の一文字葺が劣化して穴があいています。

寝屋川市のお宅で、和型瓦などの一文字軒瓦の先の部分に葺かれている銅製の銅板一文字葺は数寄屋造りなどにはよく用いられ、屋根の意匠としてはシンプルで美しく、また軒への重量の負担軽減にも貢献をする屋根仕舞なんですが、銅板は昨今の酸性雨などの影響で...........

100年ほど経った本葺のいぶし瓦です。

枚方市の大きな本葺屋根の重厚感のある素晴らしい屋根のお宅で、ある個所から雨漏りがするので点検をしますと、おそらく100年程度経った瓦で、棟の瓦も平部の瓦もかなり経年によるズレなども見られる状態でした。雨漏りの箇所は、大体特定できたのですが、...........

枚方市 はしごと瓦揚げ機を設置していきます

枚方市にお住いのS様邸で屋根の補修工事を行いました。S様邸では、2階のお部屋の天井に雨シミがありましたので屋根調査を行い、雨漏り修繕工事をおこなうことになりました。地瓦部分の一部葺き直し工事と、棟(むね)の補修工事の様子をご紹介いたします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060