オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大東市 セキスイ瓦「シティー」からSHINTOかわらSへ葺き替え工事


セキスイ瓦シティー
大東市で葺き替え工事を行いました。
元の屋根材はセキスイ瓦のシティーというセメント瓦でした。シティーはセキスイU瓦と姉妹瓦で材質は全く同じで、波形状がより高い形状です。この屋根材を葺かれてから20年以上たちますので今回は石付ガルバリウム鋼板の屋根材SHINTOかわらSへ葺き替え工事を行いました。
解体作業
まず解体作業です。
こちらの瓦は日本瓦のように土で葺かれてはおらず、防水紙の上に直接釘で固定されています。
ルーフィング
防水紙のルーフィングを敷きました。
葺き替え時はルーフィング前にコンパネで野地の下地補強を行うのですが、こちらの屋根はまだまだ野地板がしっかりしていたので直接ルーフィングを敷きました。
棟・本体工事
本体・棟部分を仕上げていきました。
インターロック固定法、瓦同士をビスでガッチリ固定しておりますので頑丈です。
葺き替え工事
葺き替え工事が完了しました。
石付ガルバリウム鋼板の屋根材は軽いのはもちろん、耐候性もよく災害にも強くカバー工法にもおすすめです。


和の雰囲気を損なうことがないのがSHINTOかわらSです。
天然の石に色を焼き付けているので自然な色合いで色褪せることがなく、セメント瓦のように再塗装が必要ないです。
金属屋根は雨音が気になるとよく言われていますが、ちりばめられた石が音を吸収してくれるため遮音性も優れています。

最近テレビで石付のガルバリウム屋根材が紹介されていましたので、屋根材に対してもお問い合わせが増えてきました。
石付ガルバリウムの屋根材はこの和風なデザインから洋風なデザインと色々種類がございます。葺き替えやカバー工事をご検討されているお客様はお気軽にお問い合わせください。
街の屋根やさん大阪門真店 0120-198-060

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市長屋施工前

1階建ての長屋の間の部分を葺き替える依頼を受けました。年数がかなり経ち、瓦のズレ部分から雨水が侵入し雨漏りが発生していました。施工までに日にちがあったので応急処置として、シートを無償で設置させていただきました。

門真市 和瓦の暴風被害

暴風の影響で屋根被害を受けているとのお問い合わせをいただきました。木造アパートの瓦屋根です。今回調査は立ち合いが難しいとお伺いしましたので、お客様ご不在での調査を行いました。立ち合い困難やコロナの心配等も屋根調査は外から調査可能でございます...........

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060