オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四條畷市でいぶし棟瓦の積みなおし工事をしました。


2019-02-03-11.39.38-columns3
大屋根工事前です。
初めはのし瓦が3段積みでしたが、ほとんど欠落して無くなっていました。
2019-02-03-11.49.00-columns3
下屋根工事前です。
上の屋根だけかと思っていましたが、下屋根も被害を受けて同じような状況になっていました。
2019-02-03-11.47.26-columns3
下屋根平部です。
上から落ちてきたのし瓦が下の地瓦を10枚程割っていました。
2019-02-08-15.04.21-columns2
割れた瓦のまま放っておくと割れ方によっては雨が降れば確実に雨水が侵入して雨漏りになります。
棟の工事をするには工事日数がかかりますので、まずは棟積み替えはそっちのけで割れた地瓦の差し替え工事だけを先行しました。
隣にある銅の雨どいの上に瓦が落ちていなくてよかったです。
部分的に交換するのは難しいからです。

2019-04-12-07.00.17-1-columns2
後日棟の積み替え工事を行いました。
一度すべての棟瓦を解体していき今回は屋根土の代わりにナンバン漆喰で施工していきました。
2019-04-12-07.00.17-columns2
1段目のし積み状況です。
職人さんの技術がいる肝心な作業です。
最終的にこの瓦に雨水が切れるように勾配をつけてなければ上の瓦の水がすべて入ってしまいます。

2019-04-12-07.00.19-1-columns2
次に2段目ののし瓦を積んでいきました。
最終の素丸瓦を緊結するための銅線をあらかじめ出しておきます。
同様に3段目ののし瓦も積んでいきます。

2019-04-12-07.00.19-columns2
完成です。
飛散してしまった瓦は同じ大きさの新しい瓦を使いました。
きれいに仕上がりました。

2019-04-12-07.00.20-1-columns2
同様に下屋根も完成です。
今回鬼瓦の銅線も新しくしましたので安心ですね
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

茨木市棟崩れ

点検するために屋根に上ると、棟部分がブルーシートで養生してあり、飛散しないようにしっかりとどのうで抑えられていました。

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060