オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

交野市 ラバーロック工事されている屋根の雨漏り調査を行いました


交野市にお住いのH様より、雨漏りの調査依頼がございました。

H様邸は、数十年前に漆喰(しっくい)工事ラバーロック工事、谷水切り板金取替工事 済みでした。
ですので、屋根瓦には絶対的な安心を持っていたそうです。
ところがどっこい・・昨年(2017年)の10月の台風から雨漏りが発生しました。
その後の雨漏りでも、他の箇所からも雨漏りしてきたそうです。そんな事があり、今回調査依頼がありました。

雨漏り調査の様子をご紹介いたします。
ラバー工事された屋根
まず最初に部屋内の、雨漏り箇所を確認します。
どの辺で雨漏りしているのか頭に入れ、屋根形状を見ながら雨漏り原因を探していきます。
H様邸はたいへん複雑な屋根の形でありました・・。

屋根にあがると、コーキングがコテコテに塗られていました。ラバー工事といい、瓦がズレないメリットがありますが、隙間から雨水が入ると抜け出せなくなり雨漏りの原因になってしまうため、弊社ではラバー工事をおススメしておりません。
詳しくはこちらをどうぞ。

瓦の剥離
この付近が雨漏り箇所でした。
平瓦が赤く見えるのは瓦の剥離ですが、雨漏りの原因ではありません。
谷板金は以前に取り替え工事がされています。

雨漏りの原因はいったいどこでしょう・・
平瓦のラバー工事か?隅棟(すみむね)瓦か??
方形屋根
H様邸は寄棟(よせむね)形状屋根です。
このバッテンになっている箇所は、方形(ほうぎょう)屋根という箇所です。
この箇所での施工は四隅から隅棟(すみむね)が集まってきているので、非常に技術力が問われる箇所です!

屋根形状についてはこちらをご覧ください!
三又部に漆喰たっぷり
三又部の箇所です。たっぷりと漆喰工事がされています。
この箇所にたっぷりと漆喰を塗っても雨漏りは防げません。


下屋根
下屋根の平瓦と、壁際ののし瓦の状態です。
下屋根も平瓦部にラバー工事、、のし瓦にも要所要所にラバー工事がされていました。
今後先々の事を考えると、怖い状態です。


H様には、雨漏り部の補修工事をご提案させて頂きました。
しかし、今後、他の箇所も雨漏りしてきてもおかしくない状態です。
補修工事では何度も細かい費用が発生します。
今後先々の雨漏りや耐震の事も考えまして、軽量瓦での屋根瓦葺き替え工事もご提案させて頂きました。
葺き替え後は、現在の和風屋根(和瓦屋根)から洋風屋根に変身するため、現在の屋根形状から大変美観も良くなります

H様からご契約を頂きましたので、近日中に着工予定としております。後日、ブログでご紹介させて頂きます。

瓦屋根から軽量瓦への葺き替え工事はこんな感じです

屋根の耐震化をお考えの方はこちらのコラムもご参考に

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ地域の施工事例

施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

カラーベスト苔
MFシルキー完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市長屋施工前

1階建ての長屋の間の部分を葺き替える依頼を受けました。年数がかなり経ち、瓦のズレ部分から雨水が侵入し雨漏りが発生していました。施工までに日にちがあったので応急処置として、シートを無償で設置させていただきました。

門真市 和瓦の暴風被害

暴風の影響で屋根被害を受けているとのお問い合わせをいただきました。木造アパートの瓦屋根です。今回調査は立ち合いが難しいとお伺いしましたので、お客様ご不在での調査を行いました。立ち合い困難やコロナの心配等も屋根調査は外から調査可能でございます...........

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060