交野市のK様邸の樋の点検を行いました。


樋の点検で屋根に上ります。
6年ほど前に瓦の補修工事を行わさせて頂きました交野市のK様邸ですが、こんどは、樋に穴が開いて雨が漏るので見て欲しいとのご依頼をいただき、点検に伺いました。銅製の立派な樋なのですが、銅はどうしても酸性雨などで腐食が進行してしま史ます。すごく高価な樋ですので、勿体ないはなしですが、、、
この樋も集水器下で穴が開いて、雨が漏っていました。応急でコーキングで塞いできましたが、樋の交換などを考える時期に来ていますね。
軒樋を見ましても、穴などはないようです。
下屋根の軒樋はゴミや泥などの堆積もなく、問題はありませんね。
2階の樋も軒樋には問題ありません。
2階の軒樋も点検しましたが、ここもゴミや泥などの堆積は見られませんでした。
集水器下の竪樋のエルボ部分に穴が開いています。
軒樋は穴などありませんがでしたが、集水器下の竪樋のエルボ部分に穴が開いています。ここは軒樋で集められた雨水が集水器から落ちて、いつも多くの雨が当たるとこおろですから、劣化も早いのです。
ここに穴が開くと、集められた雨水がほぼ穴から流れ出てしまうので、下にクーラーの室外機や塩ビ波板などがあると、音がうるさいし、お隣のものに掛かってしまうかもしれませんね。
このままでは放置できませんので、とりあえずコーキングで塞いで応急修理をしておきました。
強風でベランダ上の塩ビ屋根の樋が外れて割れたとのこと。
その他に、ベランダの上に設置したエクステリアの塩ビ波板屋根の角樋が外れて割れたとのことです。
確かに、軒からの竪樋が一部欠損していますね。
しかしこのエクステリア系の竪樋がやっかいなんです。
しかし、このエクステリア系の樋がやっかいなんです。
基本、この屋根専用の部材でして、古いモデルですともうこの形の樋は無くて、手に入りませんので部分補修が出来ないのです。
しかし、対策できない訳ではなく、市販の45mmの丸樋を使用して、加工して代用として取り付けられますので安心して下さい。
銅の樋は、年数が経つと緑青色に変色して、趣がいいのですが、どうしても昨今の酸性雨などで腐食が進み、穴が開くことが多いのが難点なんです。
最近では、銅調のステンレス製の樋なども出ておりまして、その樋に交換される方も多くいます。まぁ、これもかなり高価ですが、、(^^;
最近は塩ビの樋などでも、中に鉄芯が入っており、強度も高くなってますので現在は銅の樋でも、塩ビの樋に交換される方も多いですよ。

樋の御相談も、是非「街の屋根やさん 大阪門真店」へ!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高槻市 台風21号で破損した雨樋の補修工事を行いました

竪樋のエルボ付近が割れております。
エルボ、継手などを接続します。
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

東大阪市カラーベストのカバー工法でリッジウェイを葺きました。

カラーベスト 古い
リッジウェイ カバー工法
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
リッジウェイ
築年数
25年
建坪
48坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

銅製の樋ですので、梯子を掛ける時は慎重にしなければ凹んでしまいます。

交野市の閑静な住宅街に建つ、立派ないぶし瓦の和風建築のお宅で、築も40年以上経つとのことで家も古くなってきましたし、瓦も昨年の台風で飛散したしたりして、今後の災害などでの被害などが心配なのと、屋根の重量的なことも心配されており軽い屋根材での...........

母屋の裏側の小屋の屋根の改修依頼です。

枚方市の山合の集落に建つお宅の、離れといいますか、昔の家は水回りを別の建物に集約していることが多く、母屋は建て替えられましたが、この建物はその頃から残っているもので、現在は物置として使用されているとのことでした。屋根はいぶし瓦で、状態はかな...........

下屋根にもガルテクトを葺上げ、壁際の仕舞をします。

大阪市西成区の住宅密集地の元は連棟長屋だと思われる平屋のシングル材が葺かれた屋根に、ガルバリウム鋼板製屋根材のスーパーガルテクトをカバー工法で工事致しました。前回のブログで、下葺、スーパーガルテクトの葺上工事までご紹介しましたが、今回はそ以...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060