大寒波が到来・・屋根は雪止めで雪害対策をしておきましょう


雪景色
日本列島に最強寒波が到来するとされています。
大阪では雪害へのイメージは薄いですが、積もらないだけで結構降っているものです。
積もったとしても1年に1~2度くらいでしょうか。雪害に対して、無防備になっていませんか?
もしもの想定をしておくことが大切です。

屋根の積雪の被害

・通行人への危害
 屋根からの落雪により、通行人がけがをする事故や、通行を妨げになります。

・お隣様とのトラブル
 お家の距離が近い場合、お家や隣接する設備・植木に被害をもたらしてしまう可能性があります。

・カーポート、車の破損
 落雪で屋根のポリカーボネートが破損し、骨組みまで倒壊し車にまで被害が行くこともあります。

・雨樋の破損
 長時間の雪の重みに耐えられなくなります。

屋根積雪の対策として

屋根には雪止めというものがあり、屋根に積もった雪をズレ落ちないようにします。

雪止め瓦
こちらは雪止瓦(ゆきどめかわら)です。
現在瓦屋根にお住まいの方は、地瓦と差し替えすることが可能です。

適切な取り付け位置がございます。
上過ぎたら効果がありません、軒先(のきさき)につけた方が効果はありますが、下に支えがないので重みに耐えられなくなってしまします。
そして、一列に並べてしまうとその一点に重みが集中してしまうので、工夫をし、ジグザグに設置しています。

軒先・・樋側の先端の瓦
雪止め金具
雪止め金具です。
雪止め金具は、スレート(カラーベスト)屋根、瓦屋根、金属屋根に取り付けることができ、後付けも可能です。

こちらもジグザグに設置することで、雪の重さが一点に集中するのを防いでいます。
雪はふわふわしているイメージですが、固まった雪は相当な被害を及ぼします。
被害があってからは遅いので、先手を打って雪害対策をしましょう

雪止め金具設置をお考えの方は、お気軽にご相談ください
街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060