寝屋川市で古くなった和型のいぶし瓦を、軽量瓦のROOGA雅に葺替工事を行いました。


工事のきっかけ

かなり年数も経っており、何回か補修工事をしたが、雨漏りもしてきたので、そろそろ葺替かなとご相談をお受けいたしまして、軽量な瓦がいいとのことで、軽量でなおかつ和風な意匠を持つ、ROOGA雅での葺替工事をお勧めしたところ、気に入って頂きましたので、ご契約頂きました。

寝屋川市 屋根葺き替え 和型いぶし瓦から軽量瓦のROOG雅で葺替工事

ビフォーアフター

before
葺き替え前の劣化した和型いぶし瓦
horizontal
after
完工後ROOGA雅

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
4日間
使用材料
ROOGA雅
施工内容その他
和型いぶし瓦から軽量瓦のROOG雅で葺替工事
築年数
50年
保証年数
10年間
工事費用
150万(足場費等含む)
建坪
23坪
ハウスメーカー
重厚感のある和型のいぶし瓦は、日本の伝統的な瓦で日本の景観を彩る素晴らしい瓦です。しかし、そのいぶし瓦も50年程度経ちますと、瓦自体の経年による寿命や、その他に棟など漆喰なども劣化してきますので、葺替工事を行う事になるのですが、最近では屋根を葺替える場合は、必ず現在の瓦より軽くするのが基本で、屋根を軽くすると耐震診断での耐震数値が向上するので、より軽くとカラーベストや鋼板屋根材を使用することが多くなってきているのですが、やはり家は美観も大事で和風の趣の家には、和風の瓦にしたいとご要望される方も多いのです。
そこでお勧めするのが、ケーミュー社が生産販売するROOGA雅(ルーガみやび)です!
重厚感のある波型形状で、素材は基本的にセメントになるのですが、非常に軽く、ハンマーで叩いても割れないほどの強度をもった、科学のハイブリットセメント瓦なんです。
そのROOGA雅を採用頂いた物件の葺替工事をご紹介させて頂きます。
大棟の鬼瓦まわりの漆喰が欠損しています。
鬼瓦廻りの漆喰(しっくい)も取れて、中の土が見えてしまています。
鬼瓦のところに当たる雨の量というのは、たいした量ではなく、この部分の漆喰が無くてもすぐに雨漏りに繋がることはありませんが、放置しておくと棟の崩れ等に繋がる可能性はあります。
大棟の冠瓦が凍害で割れてしまっています。
棟(むね)の冠瓦も割れています。こういう割れ方は、凍害といいまして、古くなった瓦が冬場に雨などで吸水した水分が、凍結膨張して、表面を割ってしまう現象です。
また、ズレ防止か、漆喰をぬられてますが、これは雨を流れにくくし、余計に雨漏りを起こす可能性があるので、しない方がいいですね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

e9ed96f83f112bd793d0b897bef605f8

大阪狭山市の葺き替え工事の現場ですが、前回では瓦の解体工事の様子をブログでご紹介させて頂きましたが、今回は続いての工事で、下地コンパネ工事の様子をご紹介します。昔の和形瓦は土と銅線で留めつけていましたので、杉板(通称バラ板)の野地でも大丈夫...........

2020-04-02-08.11.44

私の知り合いの方にご紹介頂き、昨年11月から商談、そしてご契約いただき、先週から足場の設置、そして本日、瓦の解体工事を行いました。大阪狭山市ということで、私ども街の屋根やさん大阪門真店からは遠く、基本テリトリー外になるのですが、工事のご依頼...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060