オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市で連棟の棟を部分的に葺替えました。


門真市に多い連棟長屋で持主がそれぞれ違うという連棟の屋根の棟から雨漏りがするというお宅の雨漏り調査させて頂いたら、棟部からの雨漏りだったので、棟瓦の葺替工事を提案させて頂き、工事をさせて頂きました。本来ならば建物全体の棟部の葺上工事を行う方が屋根の為にはいいのですが、すべての持主の方に了承を得るのは難しいので、今回はこのお客様のところだけの棟の葺替工事になりました。
棟瓦を解体していきます。
まず、棟の冠瓦(丸瓦)から外して、棟を解体していきます。棟の中はすべて土などで崩して、土嚢袋に取り込んで屋根から降ろします。
葺土も含め完全に棟瓦を取り除きます。
棟部の瓦と土をすべて取り除きました。残しているところからは持主が違う家になります。
土台になんばん漆喰を使用しノシ瓦を積みます。
今回は古い瓦はすべて破棄なので、新しい淡路産釉薬瓦で葺上ていきます。
まずは片面から、土台には土ではなくナンバン漆喰でノシ瓦を葺き上げていきます。このことにより面戸漆喰を後から塗るより、強く、そして剥がれない面戸漆喰ができますし、ナンバン漆喰はセメントの様に固まりますので、土よりも強くできます。土台は強い方がいいですよね。
熨斗瓦の一段目を積みます。
ノシ瓦の1段目が積終わりました。ノシ瓦を積む際、端に糸をはって、高さ合せて葺上げていきます。
これ簡単そうで、結構な技術がいるんですよ。
2段目以降は葺土で。
2段目以降は、土を使用します。ノシ瓦を互い違いにして勾配をとりながら葺上げていきます。
3段目まで積み上げます。
棟のノシ瓦積が3段積み上がりました。
大きな家では5段~9段、お寺などになると15段とか積み上げるんですよ。
最後に丸瓦をかぶせて完成です。
そして、最後に冠瓦の5寸丸瓦を置いて、銅線で縛って完成です。
連棟ですので、途中から古いままになっておりますが、この取合い部分もキッチリしないと雨漏りを起こしてしまいますよね。
これで、棟部分からの雨漏りは止まりますので、安心して暮らせますね。。
仕事的には1日で完了です。
雨漏りをしたからといって、すべてが葺替工事になるわけでなく。原因を特定してその部分だけの葺替工事や補修で十分の場合もありますので、まずは屋根点検から「街の屋根やさん大阪門真店」に、お気軽にご相談下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060