オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

工事のきっかけ

2階天井から雨漏りがするので、見て欲しいとの依頼を頂き、点検したところ天井の真ん中、家の中心部分に雨漏りシミが見られましたので、棟部分からの雨漏りを起こしており、経年による棟のノシ瓦からの雨水の侵入でしたので、棟の7寸丸瓦にての棟葺替工事をご提案させて頂きました。

門真市 棟瓦取り直し,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
30年経った和瓦屋根です。
horizontal
after
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し,雨漏り修理
施工期間
2日
使用材料
和型釉薬瓦
築年数
30年
工事費用
25万円
建坪
15坪
30年経った和瓦屋根です。
和瓦の釉薬を塗ったシルバーといわれる瓦です。30年前の建売の屋根には良く使用されましたが、瓦自体は割れもなく問題はないのですが、棟の瓦が経年により雨水を切りにくくなり雨漏りを起こす事例はよくあります。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。瓦は同じ釉薬の焼瓦で色も同じ「シルバー」なんですが、30年経つとこれだけ色も褪せてしまうのですね。
段積の棟からみたら、「7寸丸瓦」1本被せになりちょっと貧弱に見えてしまうのですが、シンプルだからこそ雨漏りを起こす可能性も少なく、また葺土等を使いませんので少しですが、軽量化にも効果があります。
7寸丸瓦の留め付けもビスで行っておりますので、今後の強風や経年のズレ等もなく安心できますね。

棟の面戸漆喰が剥がれています。
経年によりノシ瓦の勾配が緩くなり、雨水を切りにくくなったため、葺土内に雨水が侵入するようになった為、漆喰なども土から剥離して剥がれてしまっている工事前です。
棟面戸もキレイに仕上がりました。
棟際の瓦も新しく葺替え、棟も7寸棟瓦でシンプルに仕上げました。面戸の漆喰もキレイにならして完成です。
これで雨漏りも留まり、今後の風雨でも安心です。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-198-060