オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四条畷の和型瓦屋根の棟を7寸丸伏せ瓦に葺替工事しました。


寄棟で和型シルバー色の瓦です。
和型のシルバー色の屋根瓦です。ごく一般的な30年程前に縦られたお宅です。
見た目には問題はないのですが、雨漏りしている箇所からみると、隅棟部分から雨漏り起こしていると思われます。
隅棟が2段ですが、この部分からの雨漏りの可能性があります。
隅棟のこの部分からの雨漏りが疑われます。見た目には特に大きな問題は無いのですが、ノシ瓦の中の葺土が痩せて、勾配が緩くなって棟内に雨水が入り易くなっているようです。
瓦をメクると雨水が上がれた跡がありました。
土の横に雨が流れた跡がみられましたので、隅棟部分から雨水が侵入しているようです。
そこで、棟の段積の仕様をやめて、シンプルで雨仕舞が良く、風ににも強い、強力棟金具で取り付ける7寸丸棟瓦への葺替工事をご提案させて頂き、工事をさせて頂くことになりました。
棟の瓦を解体していきます。
まずは棟の瓦を解体していきます。この後、土も撤去していきますのでかなりの量になりますね。
強力棟金具を取り付けます。
土を全部取って瓦の下の棟木に金具を取り付けていきます。この金具に垂木45×45を取付、そこに7寸棟瓦をビスで取り付けるのです。これで銅線で縛るより飛散しにくい飛びにくくズレにくい棟になるのです。
垂木の周りにナンバン漆喰を盛っていきます。
強力棟金具の垂木を取り付けたら、その廻りにナンバン漆喰を盛っていきます。今回は土は使わず、ナンバン漆喰のみで棟をとります。ナンバン漆喰は固まるとセメントのように固くなりますし、棟全体をナンバン漆喰で固めてしまいますので、土の上に塗った面戸漆喰のように経年劣化して剥がれることはありません。
7寸丸棟瓦を留め付け完成です。
垂木に7寸丸棟瓦をビスで留め付けて、完成です。三つ又部分も一体型の部材もありますのでスッキリとした屋根に仕上がります。
30年ほどしたら、和型の棟瓦は中の葺土の経年劣化で痩せてしまい、段積しているノシ瓦の勾配が緩くなることでおきる雨漏りが非常に多いです。
しかし、全部葺替工事をするとなると、かなりの費用がかかります。
日本瓦は瓦自体は30年経過してもしっかりしていることが多いので、このような棟部分だけを葺替するというのは、非常に効果的な日本瓦屋根のメンテナンスなんです。
当社でのこの工事は多く、工事をされたかたは安価で、雨漏りも止まり、軽量化にもなると喜んで頂けます。

築30年以上で、日本瓦で雨漏りがする場合は棟の場合がおおいので、まずはお気軽にお問合せ下さい!

「街の屋根やさん大阪門真店」では、最良のメンテナンス方法をご提案させて頂きますよ!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060