枚方市でフルベスト20の上からカレッセ遮熱プラスをカバー工事!廻し棟でスッキリな仕上がりになりました。


枚方市の物件で、フルベスト20を葺いてあるのですが、かなり経年劣化で表面の塗膜も褪せてしまい、苔などが附着している状態だったので、葺かれてから20年以上が経過していることもあり、塗装ではなくガルバリウム鋼板屋根材の「カレッセ遮熱プラス」をカバー工事させて頂きました。
屋根形状が入母屋屋根で、短い隅棟部分があるため、棟包で仕舞をするとスッキリした意匠にならないので、今回は「廻し棟」という、本体一体型の隅棟役物を使用してスッキリと仕上げました。
また、大阪では雪止を取り付けることはほぼ無いのですが、たまに積雪することもあり、その雪が隣のガレージに落ちたりするのを防止するために、雪止を取り付ける事もあります。
施工前のフルベストの状態です。
施工前の状態です。フルベスト20の表面塗膜は完全に褪せて、粉状になっており、屋根に乗ると少し滑る状態。
黄色くなっているのは、苔やカビで、このような状態になると雨の流れも悪くなり、劣化が進むので、早いうちに屋根のメンテナンスをしなければなりませんね。
隅棟の棟包板金も解体します。
隅棟の棟包板金も撤去します。屋根をフラットにしなければ、カバー工事はできませんので、棟包などの出っ張りは取り除きます。
カレッセ専用の雪止金具を取り付けます。
フルベスト20の上から、粘着ルーフィングの「ルーフラミテクト」を貼り付けます。
この日は、少し雨が降っておりまして、ルーフラミテクトのうしろのシールに粘着がわるくて、苦労しましたが、貼ってしまえば密着してしまいます。
そして、カレッセ専用の雪止金具を取り付けます。
この辺りじゃ、たいした雪も降らないので1列の設置です。雪国とかの多く雪が積もるところでは、2列で設置するのが通例になっております。
カレッセ遮熱プラスを葺いて行きます。
そして、黙々とカレッセ遮熱プラスの本体を噛み合わせて、釘で留めつけて行きます。
カレッセは、縦の長さが短いので、小割感がいいですね。
他のガルバリウム鋼板屋根材は、もっと縦の長さが長いので、大味な意匠になります。
その分、多くの枚数を並べなければならないので、葺く方は大変なんです、、、

カレッセの廻し棟を施工します。
隅棟部分は、今回「廻し棟」での仕舞になります。隅棟の中心に隅打ちをして端でカレッセをカットし、ジョイナーを設置して行きます。
廻し棟の仕上がりです。スッキリした仕上がりです。
廻し棟の役物を取り付けました。
棟包と違い、カレッセ本体との一体感がでてスッキリとした見た目になりましたね。
一枚一枚取り付けていきますので、これも手間がかかるんです。
カレッセ遮熱プラスが葺きあがりました。
そして、カレッセ独特の半丸型の瓦調のケラバ役物を取り付けて、これまた半丸形状の棟を取り付けてカレッセ遮熱プラスの施工が完了しました。
流れが長い屋根なので、小割なカレッセが映えますね。
カレッセ遮熱プラスは、実は大阪の当社地元の門真市で生産されている屋根材なんですね。
地産地消ではないですが、地元の屋根材「カレッセ遮熱プラス」をカラーベストの上から、葺いて屋根をリフレッシュしませんか?

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市ベスト施工前

施工前のベストの様子です。経年劣化により、塗装の剥がれ、ひび割れ、苔が生えていました。屋根を補修する良い目安だと思います。この状態を放置していると、強風などで飛散し、周囲の家や人に当たったりすると大変な事になります。

門真市 施工前避雷導線

門真市のマンションの工事の続きです。以前の現場工事のブログは下記リンクからご参照ください。⇒ 門真市 マンションの避雷導線の撤去工事、屋根改修後に復旧⇒門真市 立平板金で屋根改修工事、どんな屋根にも合う屋根材の施工屋根カバー工事が...........

飛散瓦部

前回のブログでもご紹介させて頂きましたが、テレビのアンテナに不具合があって、電気やさんにアンテナを見た貰ったところ、屋根のカラーベストがかなり捲れててしまってるので、屋根屋さんに見てもらった方がいいよということで、ご依頼を受け屋根点検して、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060