門真市 瓦下にある瓦棒屋根から雨漏りのため補修工事をしました。


門真市の連棟の建物で雨漏りがありました。
調査依頼を受けまして調査し、雨漏り補修工事を行わせていただくことになりました。
調査結果の雨漏りの原因と補修工事内容をご紹介します。
門真市 屋根現状の調査
現状写真です。
ねずみ色の瓦の下に瓦棒屋根があります。
何度かペンキを塗っていましたが、刷毛の届かない奥はペンキを塗っていない状態でした。
そのため所々ブリキにサビが発生していました。

屋根現状2
現状横側の写真です。

瓦屋根に異常はなく、今回の雨漏り原因はこのブリキによるものですしたので、ブリキ部分の雨漏り補修工事を行わせていただくことになました。
瓦解体
まず初めに壁際の板金を取り付けるために、日本瓦を仮に外していきます。
写真ではわかりにくいかもしれないですが、瓦下の屋根土は全く雨水が入った形跡はありませんでした。

壁際立ち上がり
壁際板金の写真です。
次に現状より大きな板金を取り付けるために雨どいを外してきちんと寸法をとり新しい板金を加工していきます。
雨樋があって濡れないところは板金の色が違うのがわかります。
樋の受け金具が当たるのか板金の立ち上がりがもう少し欲しかったですね。


シーラー張り
所々サビが発生している箇所の補修工事をして、念のために奥に雨水が入り込まないようにシーラーを貼っていきました。(シーラー:止水効果があるスポンジテープ)
手前にあるのが板金職人がその場で加工した新しい板金です。

板金工事
新しい板金を取り付けました。
立ち上がり部も以前よりも大きくなりました。

樋復旧
雨樋も年数が経ち劣化していきますので、今回一部だけですが新しい雨どいに付け替えました。
完成1
瓦を元の位置に復旧して工事完成です。

完成2
横方向も同じように以前より大きな板金を被せました。

漆喰工事
最後にお客様の棟部の漆喰も黒ずんで劣化していましたので既存の漆喰を外して、新しく漆喰を塗りなおしました。


雨漏りは雨量や降り方によりますが、突然起きるのではなく1段階、2段階・・と屋根の異常が悪化して起きるものです。
梅雨入りして雨が続き雨漏りシミができ気づくことが非常に多いですが、人間と一緒で異常が起きる前に防ぐことが一番です。早めのメンテナンスがコスト削減にもつながりますので、一度プロに調査などを依頼してみてくださいね(*^▽^*)


長生き、長く住める家を目指しましょう!
ありがとうございました。
街の屋根やさん大阪門真店

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

大東市屋根全体

お客様から、瓦が数枚割れているとの事で調査依頼がありました。大屋根の全体部分ですが、台風にもしっかりと耐えて比較的にキレイなままでした。破損していた箇所は、袖瓦部分、棟瓦部分です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060