寝屋川市 シルバー和形瓦の棟瓦補修、谷板金入れ替え工事を行いました。


昨年大阪地域で猛威を奮った、台風21号での被害の屋根補修もかなり収束してきましたが、まだまだ応急処置だけして完全な修理をできていない家はたくさんあるようです。
この寝屋川市のお客様も、台風の被害で棟瓦が被害を受けたのですが、崩れたノシ瓦をテープで固定するという応急処置だけして置いておかれたとのことで、その部分の補修工事を行わさせて頂いました。
また、葺かれてから30年以上経過しているので、谷部分の漆喰の剥がれ、谷板金の劣化、面戸漆喰の剥がれや劣化、袖瓦のズレなどが見られましたので、併せて補修工事を行わさせて頂きました。
2-26-columns2-overlay
昨年の台風21号の強風により、棟止り部分のノシ瓦が崩れたのかテープで固定がされていますね。谷部の瓦も割れているようで、養生テープが貼られています。
18-columns2-overlay
こちらの棟部分も、一部養生テープが貼られてるので、この部分の丸瓦が外れたようです。
2019-11-05-11.22.17-1-columns2-overlay
台風で出た被害ではなく、経年の劣化ですが谷部分の漆喰が剥がれて、父が露出している部分がありますし、谷の鋼板も少し錆などがでてきていますので、そろそろ交換の時期にきているので、この谷の鋼板も新たにガルバリウム鋼板に交換をします。
2019-11-05-11.20.14-1-columns2-overlay
2階の右側のケラバ部の袖瓦がズレております。この右側の袖瓦は、経年で少しずつズレてくる桟瓦のズレた力がこの瓦に掛かってくるので、どうしてもズレやすいのです。
今回はズレを補正して、ビスで補強する工事を行います。
4-23-columns2-overlay
まずは谷板金の上に被せてある谷部の瓦を外して、下の葺土を取り除いていきます。
10-2-columns2-overlay
谷部の瓦と土を取り除いたら、新たにガルバリウム鋼板製の谷板金を加工して取り付けます。
12-3-columns2-overlay
谷板金を取り付け、谷部の瓦を葺き戻したら、崩れた棟止まり部分のノシ瓦の積み直しを行います。
16-2-columns2-overlay
新しい丸瓦を取り付けて、止まり部に漆喰を塗ってこの部分の工事は完成です。
19-columns2-overlay
もう一か所の棟部分も、少し瓦をバラしてノシ瓦と丸瓦を積み直します。
20-columns2-overlay
そして、劣化して剥がれかけていた面戸漆喰の塗り替え工事です。まず既存の漆喰をすべて剥がします。これをせずも古い面戸漆喰の上から塗る業者もいますが、それは雨仕舞も悪いし剥がれかけた漆喰の上に塗っても、下の土とかみ合ってないので、すぐに剥がれてしまうのです。
21-1-columns2-overlay
本棟の面戸漆喰も塗り替えて、キレイにお化粧直しも完了です。
面戸漆喰は雨を止水する目的ではなく、中の葺土が雨水流れないようにするうのと、美観的な目的があります。
しかし、剥がれた状態で放置しますと、葺土が削られて棟瓦の崩れや、雨漏りに繋がる場合があるので、重要な役目があるのです。
24-1-columns2-overlay
ズレた右側の袖瓦も、補正してやり、ドリルで穴を空けて行きます。
袖瓦もビス止めをして補強しました。
その穴の部分にパッキン付きビスで留めつけて、補強の完了です。

台風などで被害が出た場合、その部分だけを直すだけでの工事をすることが多いですが、葺かれてから年数が経っている場合は、他の部分も経年劣化してメンテナンスの時期に来ていることもあるので、併せて工事を行うことをお勧めします。
そのためには、事前に屋根調査を行い、現在の屋根の状態をきっちり判断でき、提案できる業者を選ぶことが重要です。
当社には、長年の経験による、瓦屋根診断技士が的確に診断させて頂きますので、「街の屋根やさん大阪門真店」にお気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

昨年の台風21号の被害でまだブルーシートが掛けられた家があります。

昨年の台風21号は大阪全域で大きな被害をもたらしましたが、私どもの商圏である門真、守口、寝屋川、枚方、交野、大東、四条畷などでは、ブルーシートが掛かった屋根をほとんど見る事がなくなり、おおかた復旧工事は完了したと思われますが、大阪南部の被害...........

8階建てのマンション屋根の点検作業です。

門真市の7階建てマンションの屋根の点検を行いました。このマンションは階段で屋根までいけるし、勾配も緩く軒部分は大きな箱樋形状になっているのでそれほど恐怖感なく屋根点検することができました。屋根材は、旧松下電工のアルデージュという石綿スレート...........

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060