オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

寝屋川市 瓦の割り付けが悪い、3戸1の連棟長屋の雨漏り調査


寝屋川市にお住いのT様より、アンテナ撤去のご依頼がありまして、一度現状を見に行かせて頂きました。
すると、屋根に登って瞬間瓦の継ぎ手に隙間だらけ!屋根葺き上げの際に、割り付けが悪く、このように施工されたのだと思います。

屋根調査の様子をご紹介します。
瓦の割り付けが悪くこのような状態に
T様邸は連棟長屋でしたので、この位置から梯子を設置して屋根にあがりました。屋根にあがり最初に目がついたのは、平瓦が甘く施工されていました。
以前、屋根瓦を葺き替え(ふきかえ)工事されていますが、ここまで甘く葺かれますと今後先々の雨漏りの原因になります。
瓦と瓦の継ぎ手がスカスカ状態
こちらが拡大写真になります。
瓦と瓦の継ぎ手がスカスカ状態です。これはまずいです

瓦葺き上げ施工時に瓦の割り付けが悪くこの様に施工されたと思います。瓦の割り付けは、屋根葺き上げの際に大変重要になります。
平瓦が割れています
アンテナが見事に倒れています。
雨漏りしているのはこの箇所です。
雨漏り原因は平瓦が割れているためです。

使用していないアンテナは撤去処分してしまうことをおススメしております。
アンテナ転倒
違う角度からの写真です。この位置では瓦の割れは発見できませんでした。

アンテナの落下や転倒の被害
破風尻の状態
破風尻(はふじり)の下端の瓦の収まり状態です。
平瓦が壁奥まで施工されていません。
屋根の下部基材が見えていますし、破風板(はふいた)のモルタルも落下したまま放置状態ですので、風向きにより雨漏りが発生してしまいます。
漆喰が剥離しています
鬼瓦を固定しています巴(ともえ)瓦という箇所ですが、漆喰(しっくい)が剥離し葺き土が見えていました。
漆喰は雨水から土を守っているのですが、この状態では、土が雨水を吸収し雨漏りの原因、または瓦が崩れていってしまいますので危険な状態です。
T様は現在アンテナを使用していないとの事でしたので、アンテナ撤去処分と、平瓦の差し替え工事おご提案させて頂きました。
そしてもう一点、忠告させて頂きました。
大切なお家ですので、今後先々屋根瓦に心配されないよう、屋根の葺き直し工事をご提案致しました。
平瓦が甘く施工されていましたのでこの先怖い状態です。
幸い、T様邸の瓦は既存のものを再利用できますので、葺き替え工事より費用を抑えることができます。

弊社ではお客様に最適な工事提案を心がけております。ご要望や相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市長屋施工前

1階建ての長屋の間の部分を葺き替える依頼を受けました。年数がかなり経ち、瓦のズレ部分から雨水が侵入し雨漏りが発生していました。施工までに日にちがあったので応急処置として、シートを無償で設置させていただきました。

門真市 和瓦の暴風被害

暴風の影響で屋根被害を受けているとのお問い合わせをいただきました。木造アパートの瓦屋根です。今回調査は立ち合いが難しいとお伺いしましたので、お客様ご不在での調査を行いました。立ち合い困難やコロナの心配等も屋根調査は外から調査可能でございます...........

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060