オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

枚方市で工場の波型スレート屋根の屋根点検!踏みぬかないように鉄骨を確認しながら注意して行いました。


枚方市で工場屋根の波型スレート屋根の屋根点検を行いました。
波型スレートは、工場や倉庫などの屋根は壁面に使用されているのでよく見かけると思いますが、築から30年以上経ってきますと、劣化により割れを起こしたり、重なり目などに埃などが堆積して雨が流れにくくなり雨漏りを起こしたりすることもあります。
20年以上前の波型スレートには、アスベストが含まれていることもあり解体して廃棄するのも時間がかかりますし、多くの場合は建物内で品物を保管したり、作業したりしているので、屋根材を剥がしてしまうのは困難なのです。大きな建物ですと何日も工事期間がかかるので、その間屋根を剥がした状態で、もし雨などに降られようものなら大変なことになってしまいますね。
ですから、このような波型スレート屋根の場合は、ガルバリウム鋼板の波型カバー式屋根材でカバーしてしまうのが一般的なのです。
今回、このような形で提案が出来たらと考えております。
工場ですので、かなり屋根が高いです。
波型スレート屋根の工場や倉庫などの場合、ほとんどがこのように鉄骨にそのまま留めつけられていることが多く、野地下地というものは存在しません。
ですから、屋根点検で屋根上を歩く場合、この鉄骨部分を歩かないと薄いスレート材ですので、踏み抜けて下まで墜落してしまいます。
台風21号の後に、屋根養生、点検時の墜落災害の多くもこのスレートの踏み抜きが多かったそうです。
屋根点検する場合も、細心の注意を払って屋根上を歩きながらチェックして行きます。
波型スレート屋根です。
屋根上を歩いてチェックします。波型スレートからボルトの棒が出ているところが鉄骨に留めつけれているところですから、その部分を歩かないと踏み抜けてしまいます。
一部スレートに穴が開いたのか、補修がされています。
部分的に色が変わったところがあります。スレートのが何かしらの原因で割れたので補修がされてあります。
換気ファンがついています。
換気ベンチレータが設置されていますが、これもかなり錆びがでていますね。これは交換しなくても再塗装で大丈夫ですね。
ケラバ部分は板金仕様になっています。
けらば部分は、スレートの役物が使用されているのではなく鋼板のケラバカバーが取り付けられていますね。
反対側はスレート材のケラバが使用されているので、交換されたようです。
波型スレートに長尺鋼板をカバーしました。
過去に工事させて頂いた波型スレート屋根の完成写真です。
このように、波型スレートの上からガルバリウム鋼板の屋根材でカバーをしました。換気ベンチレーターも塗装してキレイに仕上がってるでしょ!

この工事の様子は下記をクリックすればご覧にいただけます。

波型スレート鋼板カバー工事

工場、倉庫の屋根、壁のメンテナンスなども、「街の屋根やさん 大阪門真店」にお気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

kadomasiasiba

工事は3日間で行いました。その初日は鉄骨足場を組んでいます。3階建ての切妻屋根ですが、一部急こう配の箇所があるため部分足場で組んでいます。

ハシゴを掛けて、2階屋根に上がります。

枚方市のお客様で、7年前ほどに棟包板金が中の貫板が腐食して保持力がなくなり棟包板金が飛散して、その周辺の野地板も腐食していたので、併せて野地板とその周辺のカラーベストを交換したことがある家なのですが、それから、今度は一昨年の台風で別の部分の...........

kadomasiyanehosyuu

切妻屋根の三階だての御宅でしたが、風の影響で吹き飛んでしまった部分です。途中からシングル材に変わっているのですが、ご主人が応急処置をした部分です。しっかりと補修できていますが、3階屋根部分は非常に危険です。なので、屋根補修の専門家にお任せす...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060