四條畷市 去年の台風で棟包板金が飛散しましたカラーベスト屋根の現調


「去年の台風の際に棟の板金が飛散しました」

とお問い合わせがありましたので現状確認の為、現地へ伺いました。
四條畷市にお住いのH様、現在こちらにお住まいではなく普段は使用していないお家でした。雨漏りなどの被害はないですが、屋根からこんなものが落ちてくると怖いので現状を見てほしいとの事でした。
飛散した棟板金
こちらが飛散した板金です。
棟板金(むねばんきん)や棟包板金(むねつつみばんきん)などと呼ばれます。

こんな大きなものが屋根からおっこちてくると怖いですよね。先日の春一番の強風の際にも同じ問い合わせが増えました。人に当たらなくて良かったです。。

屋根の上を点検していきます。
飛散した棟部分
棟包板金が飛散した棟部分です。

中の貫板(ぬきいた)も傷んでいました。
別の棟も固定している鉄釘が浮いていましたので怖い状況です。
板金がめくれて飛散しかけています
この箇所も板金がめくれて飛んでいきそうです。
棟際の瓦割れ
瓦が割れています。
瓦が割れている箇所が多々ありました。
今すぐに雨漏りするわけではございませんが、今後先々雨漏りの原因になりますので差し替えておいた方がいいでしょう。
ですが左側の写真、棟際の瓦は棟を一度解体しなければ差し替えることができません。

全体的にやり替えるか、補修にするか悩まれていたのですがとりあえず補修工事をということでしたので、棟板金のやり替え工事と、割れカラーベストの補修工事を行うことになりました。

なので、棟をやり替える際に棟際の瓦も差し替えることができます。

工事内容は後日ブログで更新させて頂きます。

雨漏りのシミができたり、屋根材が落下してからだと工事内容も大きくなり費用も嵩んでしまいます。被害が大きくなる前に定期的なメンテナンスを行いましょう。

屋根材の飛散には他にもこのようなケースがございます。ご参考にどうぞ。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

まずはレッカーを設置します。

寝屋川市の波板スレートで葺かれた工場の屋根を、既存も波板スレートを外さないで上からカバーするガルバリウム鋼板のリファインルーフ650で工事を行うことになりました。30年以上前に建てられた倉庫、工場などはほぼ波型スレートで葺かれていることが多...........

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

寝屋川市瓦めくり

初めに、古い瓦をめくっていく作業になります。和型の屋根には、瓦、木、土などが乗っていて何千キロもの重量がかかっています。地震などの対策として、屋根にかかっている重量を軽くして今よりも揺れに強くすることが出来ます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060