枚方市 地震で崩れた棟瓦を7寸丸瓦伏せに葺替工事をしました。


大阪の北部は、昨年のまだまだ大阪北部地震や、台風21号の爪痕が残った状態で、まだ修理がされていないお宅も多数あります。
このお宅も、昨年の大阪北部地震で隅棟が崩れてしまったのですが、そこまで酷い状態ではなかったので、養生をして屋根修理業者を探しておられたとのこと。。
確かに棟の崩れは部分的で、積み直して補修工事という選択肢もあったのですが、他の棟部分も今後の地震による崩れや、台風などの強風で飛散したりする場合があるので、今回は棟全体を葺替えることになりました。
工事は、既存の棟のノシ瓦を解体して、強力棟金具という金具を野地から打ち付けて、芯木を金具に固定して7寸棟瓦をその芯木にビス留め取り付ける、地震にも強風にも強く、屋根の軽量化も図れる工法で工事をさせて頂きました。


大阪北部地震で棟が崩れた状態です。
施工前ですが、隅棟の鬼瓦が落ちて、ノシ瓦と丸瓦が落ちて無くなっていますね。丸瓦が落ちる時に桟瓦に当たって、数枚の桟瓦も割れしまっています。
大阪北部地震の揺れで崩れた隅棟のノシ瓦です。
こちらの棟は軒先の方が揺らされて崩れかけてしまっていますね。
被害があったのは、西側の隅棟先の二本で、この部分が大きく揺れたということでしょう。
この2か所は、この状態でシート養生がされておりました。
棟のノシ瓦をすべて取り除き、棟下の瓦を葺き直します。
これから棟の葺替工事に貼ります。
まず、崩れた隅棟部分のノシ瓦や丸瓦、土を撤去していきます。棟全体を一気に撤去するのではなく、部分ごとに解体して葺上げていきます。工事中に雨などに降られた場合のことを考えて、部分的に工事して行くのです。
野地に金具を打ち付け、瓦を留めつける芯木を取りつけます。
棟瓦を解体したら、棟下瓦を外して調整しながら瓦下の隅木部分に強力棟金具と取り付けていきます。その金具の先がコの字型で45×45の桟木がハマるようになってますので、金具に桟木を取り付けて行きます。
芯木に南蛮漆喰を巻き付けて塗って行きます。
強力棟金具に取り付けた桟木に南蛮漆喰を塗りつけていきます。これは面戸漆喰も兼ねております。
土を使わずに、南蛮漆喰のみで固めますし、金具に桟木も中に入った状態になりますので、非常に強いものになりますし、漆喰の塗り替えも、長期間必要がなくなります。
隅棟の先の隅巴はビス2本留めです。
そして7寸丸棟瓦をパッキン付きのビスで留めつけていきます。先端の隅巴部分は2本留めになります。
7寸丸での棟の葺替工事が完了しました。
棟全体に7寸丸を留めつけて、棟の葺替工事が完了しました。
のし瓦を積んだ、段積みの棟からみたら、ちょっと重厚感はなくなりますが、スッキリとした感じに仕上がります。
これで、地震にも強くなりましたし、強風にも耐える棟瓦になりました。
それに、かなりシンプルな棟仕舞になりましたので、従来の段積みより、土やノシ瓦を使わない分屋根の軽量化が図れるメリットもあります。
素材も同じイブシ瓦ですので、色目も変わりません。

この後の日本瓦屋根のメンテナンスに、棟瓦を葺替して、災害に備えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060