オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四條畷市で波板の張替え工事の依頼を受け波板張り替え工事をさせて頂きました。


工事をしたきっかけ

四條畷市にお住まいの方から、波板も見て頂くことができるのでしょうか?とお問い合わせを頂きまして、波板の現調、調査に寄せて頂きました。

お客様曰く、以前からふるくなった波板を気にされていたそうですが、まだ大丈夫かなと思いましてそのままにされていたそうです。最近になりまして、風の強い日にとくに夜中、波板がバタバタと音がしまして、近所の方にご迷惑でないかと、心配、心配で気になりだしたそうです。そんな時は、早く風がおさまっていただくことを祈り、なかなか寝付け無い。とご相談をいただきました。

その後波板の張替工事を行わせていただきました。

波板張替え工事の様子

波板現状
ベランダ上部の波板の施工前、点検・調査の様子です。
下から見ました状態では、何も問題無いように見えましたが、屋根の上から見させて頂きますと波板の破損個所及び、波板を固定していますフックが所々無くなっていました。
この様な状態になりますと、突風等で波板が飛散する場合があります。
波板解体後
既存の波板を解体しました。樋(とい)の状態です。
波板の雨水は、この箇所を流れますが、年数の経過とともに、こまかな物が蓄積されましてこの様な状態になります。
また、コケも多々発生しています。
この箇所の樋の掃除は、波板を解体しないと無理です。
樋の掃除
波板を解体しまして、樋の掃除をします。
それから波板の取り付け工事にはいりますが、ここで注意して頂きたい点は、樋を掃除せずに波板を取り付ける業者さんもおられますのでご注意ください。
波板取り付け工事完了
波板の取り付け工事が完了しました。
波板は、耐久性抜群のポリカ製品(ポリカーボネート)を使用させて頂き、波板を固定しますフックもピッチを狭く固定させて頂きました。

お客様からは、あまり明るく無い色とご要望を頂きまして、
すこし濃いブラウン色で施工させて頂きました。
これで、いつ突風がきましても安心。雨の雨量に関係無く、波板の雨水はスムーズに流れます。
波板張り替え工事後、お客様には、工事中 工事後の写真を見て頂き説明させて頂きますと、波板解体時の樋の写真を見られましてたいへん驚かれ、また、樋の掃除後の写真も見て頂き、これで雨が降っても安心できますと、お声を頂戴しました。
波板張り替え工事、簡単な工事とおおもいになる方がおられるかと思いますが、足場なし、アルミテラス本体の上に登り作業しますので、大変危険作業です。
私も無事・無事故で作業が完了しましてほ~っと一安心です。

お客様からは、これで、強い風が吹いても、夜中、安心して眠れます。と
ありがとうございました。 おやすみなさい。

波板張替え工事の他現場のブログはこちら

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

街の屋根やさん大阪門真店

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市入母屋屋根袖

1階の仏間からの雨漏りという事で、外側の屋根を見てみました。全体的に瓦の寿命がきていて所々割れているのが見受けられました。

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

茨木市カーポート

カーポートの屋根が破損しているのでお見積りをお願いしたいとお問い合わせをいただき、調査を行わせていただきました。こちらがカーポートの屋根です。ポリカーボネート材の折板の屋根になります。駐車場自体が広く屋根も大きめに作られていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060