オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

交野市 和型瓦屋根の面戸漆喰のやり替え工事を行いました。


棟の面戸漆喰が劣化して一部剥がれています。
深いピンク色がキレイな和型釉薬瓦の「マロン」という色の瓦です。瓦自体はまだまだキレイな状態なのですが、棟瓦と平瓦の境目にある三日月型の漆喰のことを「面戸漆喰」というのですが、これが劣化して、一部剥がれているようです。
この「面戸漆喰」は15年程度で劣化して剥がれてきたりします。
この面戸漆喰は防水の役目はないのですが、棟瓦の中の葺土に雨水が当たって流れないためや、美観などの意味もあり何百年も前から行われている工事なのです。
この面戸漆喰を放置しますと、棟の葺土が露出して雨水などで削られてしまい、雨漏りや棟瓦の崩れなどに繋がってしまいます。
漆喰に塗替えなどメンテナンス費用はかかりますが、和型の陶器瓦はスレート瓦や鋼板瓦などより長持ちしますし、再塗装をしなくてもいいので、長期でみるとランニングコストは安くつくのですよ。
既存の漆喰を剥がしていきます。
まずはもともとある面戸漆喰をすべて剥がして行きます。この既存の漆喰を剥がさずに上から塗ってしまう業者がいるのですが、そうすると瓦との水キレが悪くなったり、水キレの隙間がないので薄く塗る為にすぐ割れたり、剥がれたりしますので、基本は、元の漆喰は剥がしてから新しい漆喰塗りになります。
棟の取り合い、鬼瓦廻りの漆喰も剥がします。
棟の取り合い部の漆喰、鬼瓦まわりに塗ってある漆喰もすべて剥がします。ここはいつも雨が当たるので、劣化が早く、良く剥がれている部分です。
漆喰を塗る前にコーキングで防水します。
漆喰を塗る前に瓦の隙間にコーキングで防水を行います。漆喰は防水になりませんので、コーキングで止水します。
面戸漆喰を新しく塗ります。
そして、練った漆喰を小手を使って三日月型に塗り込んで行きます。
棟の葺土の保護ですが、美観的にも白さが映え、まるで屋根が新しくなったようになりますね。。
棟の取り合い、鬼瓦廻りも漆喰を塗ります。
さっき、コーキングで止水した上から、新しい漆喰で棟の取り合い部分、鬼瓦廻りを塗って行きます。キレイになりました。
下屋根まわりも塗っていきます。
もちろん、家全体ですから大屋根だけでなく下屋根部分も塗って行きます。
この家は少し大きなお家でしたので、漆喰工事で5日ほどかかりました。

このように、和型瓦は面戸漆喰や鬼瓦廻りの漆喰などのメンテナンスをすれば、非常に長持ちする日本の伝統的な瓦です!
和型瓦などの御相談がございましたら、40年の実績がございます「街の屋根やさん 大阪門真店」へお気軽にお問合せ下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

枚方市 瓦屋根では定期的なメンテナンスが必要な漆喰の塗り替え

漆喰が剥がれて土が見えている
漆喰塗り替え完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市I様邸 屋根面戸漆喰・鬼廻りコーキング漆喰工事

漆喰施工前
完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
築31年
建坪
26坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

カラーベスト苔
MFシルキー完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市入母屋屋根袖

1階の仏間からの雨漏りという事で、外側の屋根を見てみました。全体的に瓦の寿命がきていて所々割れているのが見受けられました。

守口市長屋調査

和瓦の屋根ですが、全体的に傷んでいて、経年劣化を起こしていました。瓦の表面が風化していて雨などの水が浸透しやすくなっています。

台風で2fの瓦が落ちてきて割れたので、防水シールを貼って養生しています。

大東市の大きなお宅で、一昨年の台風21号の時に、2Fの桟瓦の一部が飛散してしまい、その飛散した瓦が下屋根に当たって割れた瓦の補修を見て欲しいと依頼され、現場確認したところ、割れたり、欠損した瓦は桟瓦のみで比較的簡易に補修できる部分ばかりで、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060