オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

枚方市で樋から雨水が滝のように溢れるということで、点検に行きました。


枚方市のお宅で、雨が降ると軒樋から雨が滝のように流れてくるので、どうなっているのか点検して欲しいとのご依頼を頂き、点検に伺いますと樋の集水口に沢山の汚泥が溜まって、軒樋の雨水が竪樋に流れないようになっており、下に流れない雨水はどんどん貯まって、いずれ溢れてしまいます。
でも、なぜ汚泥が軒樋に貯まってしまったのでしょうか?
それは、瓦のメンテナンスを怠っていることに原因を発しているんです。
枚方市の少し高台に建つお宅です。
洋瓦の葺かれた少し高台に建つお宅です。横には木がありますが、2階の屋根面より低いので、2階の樋には葉っぱなどが入ることは少ないでしょう。滝のように溢れる樋は2階になるんです。
軒樋には多くの汚泥が堆積してます。
軒樋には多くの汚泥が堆積してますね。これだけ溜まってるのは結構まえから雨水が流れてない可能性があります。
集水口には草木も生えています。
軒樋で集められた雨水を竪樋に落す集水器の集水口が汚泥で完全に塞がれております。苔や草まで生えてますのでこれでは全く竪の樋に雨水が流れないので、軒樋にはどんどん雨水が溜まり、どこかから溢れだしたら滝のように流れてしまいます。
でも、軒樋には他にも排水口があるので、そこかが詰まってなければ多少なりとも流れるのですが、、、
集水口に汚泥が溜まって流れません。
他の集水口も同じように草までは生えてませんが、排水口を塞いでしまっています。
では、なぜこんなにもこのお宅は汚泥が樋に詰まってしまうのでしょうか?それは瓦に問題が、いや瓦のメンテナンスに問題があるのです。
モニエル瓦の塗膜が褪せています。
このお宅の屋根瓦はモニエル瓦センチュリオンというコンクリート瓦(セメント瓦)で、世界で一番使われている瓦で日本でも40年前からよく使用されてましたが、10年ほど前にこの瓦を製造販売する日本法人が解散をしたため現在では販売されていません。
このコンクリート瓦(セメント瓦)はセメントを成形してから表面に焼付塗装をして色を付けているのですが、さすがに30年近く経つとその塗装も、長年の雨風や紫外線で褪せてしまいます。そうすると表面はコンクリートの基材が剥き出しになりザラザラとした表面の状態になり、雨水が流れにくくなります。防水的に問題はないのですが、この表面のザラザラが問題なのです。
雨が降り濡れたりすると、基材は吸水をしやすくなるので表面が渇き難くなります。
そうすると、埃などの汚れが付着しやすくなり、北面などの渇き難いところではカビや苔などが生えてしまうのです。
いわゆる、塗装されたキレイな状態よりは汚れなどが付着しやすいのです。
その付着したよごれが、また雨で流されて軒樋に貯まる、、、
このことにより、軒樋に汚泥が溜まってしまうのです。

瓦の塗装などのメンテナンスを怠ると、このような事態にも発展しますので、
カレーベストなどの塗装板は、最低でも15年ごとにメンテナンスが必要なんですね。

とりあえず滝のように溢れる雨水は、樋の掃除で解決です”!!

樋のメンテナスも「街の屋根やさん大阪門真店」へ!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高槻市 台風21号で破損した雨樋の補修工事を行いました

竪樋のエルボ付近が割れております。
エルボ、継手などを接続します。
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

東大阪市カラーベストのカバー工法でリッジウェイを葺きました。

カラーベスト 古い
リッジウェイ カバー工法
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
リッジウェイ
築年数
25年
建坪
48坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

a26949259f82de4a854fc9748a14acba

門真市で玄昌石調の高級カラーベストの上から、カバー工法で当社で一番人気のIG工業製のガルバリウム鋼板屋根材の「スーパーガルテクト」の少しお高い高耐候仕様のフッ素仕様をカバー工事させて頂きました。屋根には天窓などもあり、その廻りの板金仕舞、そ...........

銅製の樋ですので、梯子を掛ける時は慎重にしなければ凹んでしまいます。

交野市の閑静な住宅街に建つ、立派ないぶし瓦の和風建築のお宅で、築も40年以上経つとのことで家も古くなってきましたし、瓦も昨年の台風で飛散したしたりして、今後の災害などでの被害などが心配なのと、屋根の重量的なことも心配されており軽い屋根材での...........

母屋の裏側の小屋の屋根の改修依頼です。

枚方市の山合の集落に建つお宅の、離れといいますか、昔の家は水回りを別の建物に集約していることが多く、母屋は建て替えられましたが、この建物はその頃から残っているもので、現在は物置として使用されているとのことでした。屋根はいぶし瓦で、状態はかな...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060