梅雨の長雨ですが、門真市で塩焼和形瓦屋根の調査を行いました。


いよいよ大阪も梅雨に入りまして、鬱陶しい季節になってまいりました。屋根工事の捗らなくなり、また湿度上昇による体感温度の上昇!屋根屋には、厳しい時期です。
今日は朝から雨でしたが、門真市の方の屋根の調査を行ってまいりました。
台風で被害が出たので見て欲しいということで、なかなか日程の調整がつかず、本日と決めて、変更するとまたかなり先になってしまうので、本日決行となりました。
しかし、濡れた瓦の上はやはり危険なので、外回りからと、梯子を掛けて軒先部分からの目視で屋根の調査を行いました。
棟のノシ瓦の経年で一枚一枚が反ってますね。
台風に世よる被害があるとのことでしたが、台風の被害の場合、棟瓦などに飛散はなく見られるのですが、飛散などはないようです。経年によるノシ瓦等の反りなどは見られますが、大きな問題はありません。
和瓦の表面が剥がれるように割れています。
桟瓦の表面が剥がれて割れていますね。これは凍て割れだと思われます。凍て割れとは、冬場に雨などで吸水した水分が凍結包丁して表面を割ってしまう現象で、古い瓦やこの塩焼き瓦に多く見られます。

凍てて瓦が割れるを凍害といいます。
桟瓦の端部が縦に割れています。過去に割れてその上からコーキングをして補修をしてますが、この凍て割れは毎年進行するので、その部分をコーキングなどで接着しても、こんどはその横から割れてきてしまうのです。
凍てて端部がわれてきています。
これも同じような状態ですよね。コーキングで接着したその下から瓦ごと剥がれてきてしまっています。
この瓦は、塩焼瓦といいまして、兵庫県などでよく生産されていたのですが、焼成時に塩を混入させ化学反応でガラス被膜をが表面を覆うので、防水性があがるということで昔から造られていたのですが、30年前ごろには生産されなくなりました。
塩焼瓦は低温で焼成するため、経年にる劣化に伴う吸水率が高く、冬季には凍て割れを起こすことがおおいのです。
今残っている瓦の家も、だいたい40年近く経っているので、瓦としては寿命と考えます。
この家も、台風での被害かと考えておりましたが、凍て割れによる剥がれだということが判明しました。

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

まずはレッカーを設置します。

寝屋川市の波板スレートで葺かれた工場の屋根を、既存も波板スレートを外さないで上からカバーするガルバリウム鋼板のリファインルーフ650で工事を行うことになりました。30年以上前に建てられた倉庫、工場などはほぼ波型スレートで葺かれていることが多...........

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

寝屋川市瓦めくり

初めに、古い瓦をめくっていく作業になります。和型の屋根には、瓦、木、土などが乗っていて何千キロもの重量がかかっています。地震などの対策として、屋根にかかっている重量を軽くして今よりも揺れに強くすることが出来ます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060