建物には必ず設置されている、「雨樋」の重要性


雨樋とは?

屋根の雨水を受けて、地面や排水口へと排出させる役割を担っているのが雨樋です。樋=(とい)

雨が降っても降らなくても、雨樋を気に掛けることはあまりないと思いますが、快適な暮らしをするには必要不可欠なのです。屋根から、直接地面や庇(ひさし)に雨水が落ちると、雨音がすごく大きな音になります。
激しい雨だと軒下(のきした)は地面からの水の跳ね返りが強くなり外壁を汚したり、土を掘りだして泥ハネもします。

樋は、皆様のお家を雨水によるダメージから守り、快適な暮らしの手助けをしてくれています。

掃除後2
軒樋(のきどい)・・・屋根の雨水を軒先で受ける。屋根の形状が寄棟(よせむね)だと4辺、切妻屋根(きりづまやね)だと2辺につく。
軒樋は上部分が空いている状態なので、落葉やゴミ、泥などがたまってしまい、雨水の流れを止めてしまうことがあります。当社では、樋掃除のみの工事も行っております。

樋掃除を行いましたブログはこちらです。

落葉よけネットもあります。落葉やその他のゴミで樋の詰まりにお困りの方は、ぜひご参考に!
竪樋が完全に割れてしまっています。
竪樋(たてどい)・・・軒樋の雨水を下へ導く。壁に沿って縦に設置されます。

こちらの写真の竪樋は割れている状況です・・。

雨樋の破損や金具の緩みをそのままにしておくと雨漏りの原因になります。


屋根材と共にチェックしておきましょう
・落ち葉やゴミはたまっていないか
・樋部材や金具はしっかりと固定されているか
・部材が割れていたり、ズレたりしていないか
・雨水は溢れずスムーズに流れているか


竪樋など地面からの目視確認できる箇所以外の、軒樋などの高所は危険ですので専門の業者さんに点検してもらいましょう。
【街の屋根やさん 大阪門真店】では無料点検も行っていますのでお気軽にお問合せください。

お問い合わせ 0120-198-060