被害が出る前に、使用していないアンテナ・太陽光温水器は処分しましょう


現在使用していないアンテナや、太陽熱温水器による屋根への被害をご紹介いたします。
不使用のアンテナ
使用していないアンテナが倒れています。
台風の後はこのように「アンテナが倒れた」というお問い合わせが少なくありません。
アンテナが隣の屋根に倒れている
こちらもアンテナが転倒していますが、お隣の屋根に倒れてしまっています。幸いにもお隣の屋根に被害はありませんでした。
アンテナぶら下がり
こちらは台風直後に「アンテナがぶら下がっている」とお問い合わせがありました。落下していてもおかしくありません。被害がなく良かったです。
アンテナたおれた
アンテナが倒れたことにより、棟(むね)の瓦がずれてしまっています。

棟・・・屋根の面が合わさっている上の部分
アンテナが倒れて瓦割れ
アンテナが転倒し、瓦が割れてしまっています。

瓦割れて雨漏りするケースもありますのでこのままにしておくのは危険です。

雨漏りでお困りの方はこちらのコラムを御覧ください。
アンテナ転倒
こちらもアンテナ転倒により瓦が割れています。
太陽光温水器
太陽熱温水器とはこのように大きく重たいものです。
太陽光温水器げ原因で雨漏り
雨が太陽光温水器にあたって跳ね返るので棟(むね)にかかってしまいます。
棟際ぎりぎりに設置されているので面戸漆喰(めんどしっくい)にあたってしまいます。漆喰は水を吸いますので下の土に浸透し土も吸い切れなくなり瓦の下に流れ込んでしまい雨漏りしていたケースがございました。
その際の現場ブログがこちら
棟際温水器
こちらも同じように棟際ギリギリです。
日が当たりにくいので、常に湿っている状態で乾燥しにくくなります。
太陽光温水器が棟瓦の上に設置されています
隅棟部分にのせていることもございました。
棟瓦や温水器本体の破損・転倒事故の原因になります。絶対にのせてはいけないです。
「アンテナ撤去、安くでできますよ~」と屋根に登り屋根を傷つけこのままでは雨漏りしますよ。と高額での葺き替え工事を提案する悪徳業者もいますのでお気を付けください。
実際にそのようなケースがございました。現場ブログがこちらです。


街の屋根やさん 大阪門真店
ではアンテナの撤去処分・太陽光温水器の解体撤去のみの工事もしております。



気になる方はお気軽にご相談ください(^^)/

0120-198-060