12月は地球温暖化防止月間!温暖化による屋根への影響


猛暑に大雪、大雨、台風・・・。
今年も地球温暖化の進行が原因とされる異常ともいえる現象が相次ぎ列島を襲いました。

年始の雪害から始まり、通年の地震、梅雨時期頃からは風水害。
当社では、台風の後はお問い合わせが殺到しました。
瓦が落下し土が丸見え
台風後に瓦が崩れ落ち、土が丸見え状態・・
落下した瓦
落ちた瓦は植木の上で割れていました。
人に当たらなかったのが不幸中の幸い
屋根瓦が飛散
屋根瓦が飛散し、下地が見えています。
台風被害、ケラバのスレートが飛散
ケラバ部分が飛散・・人や物に当たっていたらと思うと怖いですね。
3階の波板部分
強風でベランダの波板が無くなっていました。
飛んでいきそうな波板
無くなった波板は、いつ飛んで行ってもおかしくない状態に
飛散した波板
こちらも外れた波板ですが、今にも飛んで行ってしまいそうです
波板が一部飛散
駐車場の波板が一部飛散しています。
雨漏りもありましたが、屋根材の飛散や落下も多くみられました。
ご自宅だけの被害ではなく、他人にも迷惑がかかる恐れがありますので非常に恐ろしいです。

自然災害はどうしようもありませんが・・
身近な温暖化対策もあり、冬の節電は夏の節電よりも効果が高いとされています。
保温効果の肌着を着用したり、室内でも厚着で過ごしたりする意識の変化が大きな効果を生みます。

少し話がそれましたが。。。
温暖化対策と共に、被害にあう前に、お家も定期的な点検・メンテナンスをしておく事が大切です。

屋根の上は目に見えない箇所だけに、悪徳な商法も少なくありません。。
気になることや、不安なことございましたらお気軽にお問い合わせください。
屋根のスペシャリスト瓦屋根診断技士のいる、街の屋根やさん 大阪門真店にお任せください。
0120-198-060