スレート屋根には定期的(約10年に一度)塗装メンテナンスが必要です


スレート屋根は軽く、地震に有利!耐震性に優れています。
完成写真
こちらはスレートでも多く使用されている「カラーベスト」という屋根材です。
「コロニアル・クァッド」「コロニアル・グラッサ」など多種シリーズ化されており、性能やデザイン・お色なども豊富です。
カラーベスト、スレート、コロニアルなど、様々な呼び方で呼ばれています

そんなスレート屋根には、定期的(約10年)に塗装が必要です

経年で表面の塗膜が色褪せていき、耐久性が落ちていきます。
そのままにしておくと遮熱性がダウン
      ↓
はっ水性能が低下するので雨水の流れも悪くなります。
このまま放っておくと、屋根材自体が雨水を吸水して、屋根材が劣化してしまい雨漏りの原因になります。
      ↓
コケ・カビ・藻が発生してしまうこともあります。
      ↓
これらが発生すると、さらに水はけが悪くなります。
コケは水分を含んでいますので、雨漏りの原因になります。

    負のスパイラルです(~_~;)


塗装する際は、最初に高圧洗浄しますのでコケなどはすべて洗い流してきれいな状態で塗装にとりかかります。

塗装しますと、遮熱性もあがり、屋根材の傷みも防ぐことができます。

塗装のタイミング

築10年ほど
築20年(10年で一度塗装を行い、屋根材の劣化が軽度な場合)

※20年以上一度も塗装をしていない場合、屋根材が劣化している可能性が高いので、塗装よりも屋根葺き替え(ふきかえ)工事やカバー工法をおススメすることが多いです。

20年ほど塗装をしていなかった屋根の現調に伺いましたブログがこちらです。


適切なタイミングでメンテナンスしてあげることが屋根を長持ちさせるためには大切です。
そろそろ10年たつなぁ・・そういえば10年超えているなぁ・・と思われた方は一度ご相談くださいませ!
屋根点検、無料でさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

雨漏り修理についてはこちらを御覧ください。

【街の屋根やさん 大阪門真店】0120-198-060