オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました


工事のきっかけ

外壁工事を行うので足場を設置していました。せっかく足場をたてているので、屋根の補修も一緒にやりたいとご相談がありました。棟にうねりがありましたので棟の補修工事を行うことになりました。

八尾市 棟瓦取り直し,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
八尾市 棟がうねってきています
horizontal
after
八尾市 丸伏せ工法完成

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し,雨漏り修理
施工期間
2日
使用材料
釉薬瓦(7寸丸瓦)
施工内容その他
築年数
保証年数
工事費用
約45万円
建坪
ハウスメーカー
八尾市のアパートで棟瓦(むねがわら)の積み替え工事を行いました。

工事前は棟がうねっている状態でした。棟の下の施工されている漆喰が剥がれ中の土が見えている状態でした。土が雨水を吸収してしまうので棟が崩れたり雨漏りしてしまう恐れもございます。

漆喰の塗り替え工事と、棟瓦の積み替え工事の2通りをご提案し、今後の事も考えまして棟の積み替え工事でご契約いただきました。大きな半丸の瓦を被せていく工法になります。


それでは、工事内容をご紹介していきます。

棟瓦積み替え工事前

八尾市 棟がうねってきています
工事前のお写真です。
棟がうねっています。熨斗瓦の勾配が逆勾配になっていました。経年で、土が痩せてくるので勾配が無くなってくる現象です。棟の陥没では、雨の降り方によっては雨漏りする可能性があります。
八尾市 漆喰が剥がれて下の土が見えています
棟の下に塗られている面戸漆喰(めんどしっくい)が剥がれて土が見えているので雨水を吸収しやすくなっています。
漆喰の塗り替え工事は約10年に1度が目安になっています。

棟瓦積み替え工事

八尾市 はしご設置
屋根に梯子を設置し、瓦揚げ機を設置します。解体した屋根瓦や土、また新しく積み替える瓦の運搬を行います。
八尾市 棟瓦葺き替え工事
棟瓦の積み替え工事ですので、既存の瓦をすべて解体していきます。中には土が盛られているのでこれもすべて撤去していきます。
八尾市 バケツを使って既存瓦を運ぶ
バケツを使って瓦や土を運んでいきます。工事中はどうしても砂ぼこりがまったり工事音がでてしまうので、工事前には近隣の方へのごあいさつまわりもさせていただきます。
八尾市 バケツを使って既存瓦を下に運ぶ
解体した瓦と土はトラックに積んでいきます。解体工事だけでもかなりの重労働。。トラックの荷台が満載になるほどの量になります。
八尾市 強力棟金具を設置します
いよいよ棟の土台作りです。棟際の瓦を調整し、強力棟金具(きょうりょくむねかなぐ)という棟を支える金具を取り付けます。
八尾市 垂木になんばん漆喰を盛ります
そこに垂木(たるき)という木材を固定し、なんばん漆喰を盛ります。以前の棟のように土は使いません!
八尾市 ビスでしっかり固定しています
大きな半丸の瓦を被せてビスで固定します。

八尾市 軒樋の掃除
軒樋にゴミや漆喰が溜まっていましたので刷毛ではいて掃除します。
八尾市 丸伏せ工法完成
これで、棟の丸伏せ工事の完成です。
新しい瓦を使用していますので色の差が出てしまいますが、同じ釉薬瓦で葺いています。

熨斗瓦や鬼瓦が無くなったので以前のような、迫力ある棟ではありませんが、軽量でスタイリッシュな屋根に仕上がりました。

【工事完了後】

八尾市 丸伏せ工法完成
7寸丸という大きな丸瓦を被せました。軽量で費用もリーズナブルなのでおすすめの補修工事です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060