オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市で雨漏りのする下屋根をガルバリウム鋼板横葺屋根材の「MFシルキー」で葺替工事をしました。


寝屋川市にお住いのお客様より、雨漏り補修のご依頼がありましたので、下屋根をMFシルキー葺き替え工事を行いました。

瓦屋根だった為、まず既存の瓦と葺き土を撤去処分しました。
下地コンパネ貼り
本来はここに陶器和型瓦が葺いてありました。
この屋根材はカバー葺きが可能な屋根材ですが、陶器瓦は下に土や桟木があるため一旦瓦を剝さないとこの屋根材は葺くことが出来ません。
このコンパネを増し打ちする事により補強にもなり、安心できます。

下葺きルフィングはり
いつものように下葺きのゴムアスルーフィング(防水紙)を敷き、両サイドにケラバ板金と、壁捨板板金を取付けていきます。
この板金をつけることにより、壁際及びケラバ際に雨水が入って来ません。
本体葺き工事
次の工程です。
軒先(のきさき)の瓦をつけています。
軒先の瓦をしっかり固定しないと、台風などの強風の時にめくれる心配がありますので大事な作業ですね。

軒先・・・雨樋側の先端部分
本体完了
同じ繰り返しの作業で、下地の本体が葺き上がりました。
この屋根材は下の瓦に次の瓦が引っかかっています。
なおかつ全ての瓦にスクリューの釘またはビスで止めているので、飛んでいったり、めくれあがる心配もないです。
また裏側にウレタン断熱材が貼っているために夏場など熱せられた表面の熱も下地の木には伝わりにくくなります。

棟完成
壁際の仕上がり状況です。
今回はリフォームなので壁をカッターで切り板金をおさめて、その後壁のモルタルを塗る事もありますが、壁を切らないで上部を変成のコーキングで仕上げました。
変性コーキングは今後外壁塗装するときにも塗料が塗ることが可能です。
板金ビス
棟(むね)の板金状況です。
小さい黒く見えるのは、板金ビスです。
釘より引き抜き強度が強く、抜けにくいのです。

・・屋根面と屋根面が合わさる山折りになっている箇所です。
完成写真
完成写真です。
MFシルキーは遮熱顔料入りの大柄ちぢみ塗膜を採用しておりますので、つるっとした表面ではなく、縞模様のような見た目で金属ながら高級感がる意匠になります。
いつもながら綺麗に仕上がりました。
完成写真
反対からの完成写真です。
これで、雨が降っても安心です!
しつこいけど綺麗だと思います。
有難うございました。
陶器和型瓦の場合、解体しなければ葺き替えできませんが、今回のMFシルキーはカバー工法にも適していてよく使用されています!

MFシルキーを使用したカバー工法のブログはこちらです。

屋根の葺き替えを考えている方は、瓦屋根診断技士がおります弊社へお任せください。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムをご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060