寝屋川市でソーラー温水器を撤去処分しました 


寝屋川市にお住まいの方より、ソーラー温水器を処分して頂きたいと連絡を頂きましてソーラー温水器解体処分工事をさせて頂きました。最初に屋根に登りましておどろきましたが、ソーラー温水器の設置状態です。棟瓦部に固定され、いいかげんな取り付け方をしているな~と思いました。この様な場合は棟瓦(むねがわら)をまたぐ専用の架台を取り付けるのがベストだと思います。屋根の上で見えない箇所?適当に取り付ける業者も多々いますので注意して下さい。また、使用していないソーラー温水器はそのままにしておきますと屋根への負担もかかりますので、早いめの撤去処分をお勧めします。
現状屋根
ソーラー温水器の撤去処分をお願いされまして、屋根に登ってみますと、間違った取り付けかたをされビックリしました。ソーラー温水器を棟瓦部に設置しています、棟瓦がひずんだり、陥没し、雨漏りの原因になる場合があります。
温水器解体
すこし前までは、ソーラー温水器をレッカー等で吊り上げ下に下します。ただ、タンクの中には水が残っているため、事前にタンクの水をぬいておきます。
解体後
ソーラー温水器を解体し、下に下した後の屋根瓦の状態ですが、数十年間、ソーラー温水器の下で日照時間差はさまざまですが水分が蒸発しにくい日かげ部にあたる為、屋根瓦の凍て(いて)等が発生し剥離する場合がありますので、ソーラー温水器解体後は、その下の屋根瓦を新しい瓦で葺き直し工事をお勧めします。
工事完了
ソーラー温水器解体処分しまして、温水器下部の屋根瓦も新しい屋根瓦で葺き直し工事完了しました。ソーラー温水器解体後、雨漏りしますと良く声を聞きましたが、これで先々、雨が降っても大丈夫です。
雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

瓦屋根の部位説明はこちら。

街の屋根やさん 大阪門真店

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒先の銅板の一文字葺が劣化して穴があいています。

寝屋川市のお宅で、和型瓦などの一文字軒瓦の先の部分に葺かれている銅製の銅板一文字葺は数寄屋造りなどにはよく用いられ、屋根の意匠としてはシンプルで美しく、また軒への重量の負担軽減にも貢献をする屋根仕舞なんですが、銅板は昨今の酸性雨などの影響で...........

100年ほど経った本葺のいぶし瓦です。

枚方市の大きな本葺屋根の重厚感のある素晴らしい屋根のお宅で、ある個所から雨漏りがするので点検をしますと、おそらく100年程度経った瓦で、棟の瓦も平部の瓦もかなり経年によるズレなども見られる状態でした。雨漏りの箇所は、大体特定できたのですが、...........

枚方市 はしごと瓦揚げ機を設置していきます

枚方市にお住いのS様邸で屋根の補修工事を行いました。S様邸では、2階のお部屋の天井に雨シミがありましたので屋根調査を行い、雨漏り修繕工事をおこなうことになりました。地瓦部分の一部葺き直し工事と、棟(むね)の補修工事の様子をご紹介いたします。