オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市|入母屋の立派な瓦屋根のお宅の雨漏り調査を行いました。


寝屋川市の入母屋の立派な屋根瓦のお宅から、1階の廊下の天井から雨漏りがしたので、一度見て欲しいとのご依頼を頂きましたので、雨漏り調査に伺ってきました。
何重にも屋根が重なった立派な入母屋屋根です。
何重にも屋根が重なった、いぶし瓦の重厚な入母屋屋根です。まさに日本の文化を伝承する、日本古来の建築美です。棟の頂点の冠瓦には京箱瓦が使われております。これは、京都周辺によく見られる棟瓦の仕様なんですね。
降棟部分から雨漏りです。
家の中の雨漏り箇所を確認して、屋根の位置と照らし合わせて、屋根に上がり、その辺りの瓦で不具合はないか点検します。雨漏りがしてるのは、小屋裏を確認しますと、屋根の頂点部分から漏ってきておりましたので、棟部分からの雨漏りの可能性が高いのです。
良く見ると、棟の冠瓦の繫ぎ目や鬼瓦下にもコーキングがベットリと塗られていますね。
降り棟の取合い部分にコーキングが施されております。
本棟と降棟の取り合い部分を見ますと、ここもコーキングがベットリと塗られております。過去に雨漏りを起こしたのか、瓦の重なり目にもベットリと塗られております。これでは、かえって隙間から入った雨水が抜けなくなって雨漏りをひどくさせてしまいます。
2階屋根との段差があまりないです。
入母屋にはよくああるのですが、屋根の重なり部分で段差があまりないので、本棟が軒下に入らないので、ここでカットして、その下の雨仕舞は板金などで行う仕舞というのは良く見られます。この部分も雨仕舞の悪いとこですが、ここはちゃんと板金処理などもされておりましたので、ここからの雨漏りでないと思われます。
鬼瓦下にもコーキングが塗られております。
3ツ組の鬼瓦の足の部分にコーキングがたくさん詰められておりますが、ここから雨漏りをするのならお寺などではすべて雨漏りをしてしまいます。先に下の瓦で雨仕舞をしてから上に乗せているだかなので、ここから雨が漏ることはありません。知識の無い方がコーキングを塗るとこんなとこも塗ってしまうのですね。
雨漏りの原因は本棟と降棟の取り合い部分だと断定できますので、補修方法としてはこの棟部分の瓦を取り外して、雨仕舞処理をして、再度葺直すという工事をご提案させて頂きました。
このような入母屋屋根などは、瓦の仕舞が複雑ですので知識のない方では「コーキングなどでとりあえず塞いでしまえ」なんて処置にでてしまうのでしょうけど、これが返って雨漏りを酷くする場合があります。コーキング塗ると、その瓦がコーキング付着して使いものになならないので、葺直す場合は破棄するしか無くなってしまいます。

このような伝統的な瓦葺屋根などの問題点などは、実績と知識がある「瓦屋根診断技士」がいる当店にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060