オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

茨木市で昨年の台風21号で被害がでたが、空き家なので放置していた日本瓦の屋根の雨漏り点検に伺いました。


ブルーシート劣化
昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。
瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません。

瓦ズレ
写真中央でもわかるように瓦が全体的にずってきております。
長年の瓦の隙間などから入った雨水は、瓦下の葺土が吸って、また乾燥してとの繰り返しで、それが繰り返されることで、土が砂化してしまい、瓦の固定力が弱り、生活振動などでズレが生じてくるのです。
これも雨漏りの原因の1つと考えられます。
棟崩れ
お客様の屋根の形状で雨漏りの起こりやすい落ち棟部です。
大棟が一段下がった屋根形状で、この形状の屋根は雨漏りを起こしやすい形状なのです。
棟ののし瓦が下がってきており隣の瓦と隙間が空いてきています。

ジャングル
屋根の下から見て一番気がかりになっていた箇所ですが、いざ屋根に上ると思っていたよりひどい状態でした。鬼瓦がカモフラージュされて隠れてしまっています。
植物は瓦のいたるところに根っこを這わしていき、正常な位置にあった瓦をもずらしてしまいます。
また雨が降っても瓦の上を流れるはずの雨水もせき止めてしまいます。

雁ぶりズレ
棟のてっぺんの冠瓦(雁ぶり瓦)も少しずつですがずれていて、放っておくと落下してしまいます。

面戸漆喰
棟下面戸部です。
所々ですが漆喰が経年のために剥がれていました。
面戸漆喰が剥がれると、棟の葺土が露出してしまい、雨などで削られて、棟の崩れや雨漏りに繋がってしまうので、面戸漆喰が剥がれてままの放置は避けた方がいういでしょう。

鈑金腐食
玄関上は斜めになっていて瓦の下に谷板金がありますが、これも経年のためにサビてしまっていてボロボロになっていました。ここまでくると、ほとんど谷板の役目は果たしていませんね。

地瓦通り
最後に瓦のズレ状況です。
本来は真っ直ぐに見えるのが正常な状態ですが、奥に行くにつれて下がってきていました。
お客様に状況を説明させていただき、後日補修工事を着工させていただくことになりました。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

茨木市棟補修前

こちらは補修前の部分です。瓦もだいぶと飛散しそこに雨が降り、中の土も風化しなくなっていました。

茨木市大屋根棟部

大屋根の棟部分ですが、かなりの枚数が吹き飛んでしまっています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060