オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

四条畷市 下屋根の壁際からの雨漏り!割り付けも悪いし、昔は捨て板金も取り付けして無かったんよねぇ~。


四条畷市のお客様より、リビングの天井が濡れているので雨漏りをしているのではないかとお問合せを頂き、点検させて頂いて確認したら、どうも下屋根の壁際の納まりに問題があると確認いたしました。
原因は瓦の割り付けの問題と、昔はそれが当たり前だった施工法から起因するものでした。
この屋根瓦は葺かれてから30年近く経っており、その当時は今のように下葺防水紙もいいものがなく、瓦下に土を敷きますので、土がある程度が雨水が侵入しても吸収してくれるので、雨漏りを起こさないのですが、長年その葺土が雨水の吸収、乾燥を繰り返すと、砂化が進み流れてしまうのです、そうすると雨水を吸収できる量が減ってしまい、ある程度の雨水で吸収できなくなり、雨漏りに繋がってしまうのです。
今回は、その壁際の雨漏りの補修工事の様子をご紹介させて頂きます。
c02d64139a43d3bd3e1e96528ee30549-1-columns1
雨漏りを起こしているのはこの部分の壁際です。過去にも補修工事をしているようで、コーキングが塗られておりますが、これでは、一時は雨水の侵入量が減ったり、水道(みずみち)が変わったりして、一時的に雨漏りが止まることはありますが、根本的な原因を解決したとはなりません。
この屋根が雨漏りする原因は、瓦の割り付けです。
桟瓦の山の部分が壁に当たるように瓦の割り付けするのがいいのですが、これは、ノシ瓦の下に小さな半端な谷部分でカットした瓦が入る割り付けになっています。のし瓦と桟瓦の取り合い部に落ちた雨は、→方向の壁外側に流れず、←方向の壁内側方向に流れてしまいますよね。雨漏りの原因はそこなんです。
この後、写真を使って工事の様子、雨漏りの原因を解説していきます。
壁際には小さな半端瓦が
壁際のノシ瓦と、桟瓦を取りますと、ノシ瓦の下に、小さな半端瓦が現れました。上の写真でしてきた、ノシ瓦と桟瓦の隙間に入った雨水はこの半端瓦の上にながれ土が吸収していきます。
コーナー部分の土は湿っています。
その壁際の土の先はコーナーになっているので、雨水は勾配によてって先に流れますので、コーナー付近の土は黒く湿った状態です。この工事は雨が降った次の日という訳ではなかったので、いつもこのように湿った状態が続いている訳ですから、雨が降ると雨水を吸収できなくなり、野地面に雨が流れてしまうのですね。
壁際に捨谷板金がありません。
その半端瓦を外しますと、壁際の木下地が剥き出しになりました。この屋根は30年以上前に葺かれたものですから、この当時ではこのように壁際に雨を流す捨板板金を取り付けることをしなかったことも見られました。板金工事は板金屋がやり、瓦屋の工事ではなかった為、少しの部分しかこのような桁壁がない場合は、無しで納めていたようです。
であれば、瓦の割り付けを桟瓦の山か高い部分で納まるように葺いていれば、まだ雨漏りのリスクは押さえられたと思いますので、葺かれた職方の怠慢が原因といっても過言ではありませんね。
軒先まで雨水を流してやる捨て板金を取り付けます。
そして、補修工事に入って行きます。
付いてなかった、捨板板金と取り付け、壁際に入った雨水を軒先まで流してやるようにします。
今では、この板金工事は必須で、瓦職人も取り付けますので、付いてない家というのはあり得ません。
瓦を復旧して行きます。
瓦の割り付けを変えようとするとすべて葺き替えになってしまい、費用も多大なものになってしまいますので捨板板金を取り付けたら、外した瓦を復旧して行きます。
南蛮漆喰でノシ瓦を積んで行きます。
続いて壁際のノシ瓦を取り付けて行きます。復旧時は土を使用せず、固まるとセメントのように固まる南蛮漆喰でノシ瓦を葺いて行きます。壁際の雨押え板金があるので、突っ込むように葺いていくので、少し技術がいる仕事になります。
壁際の雨漏り補修工事完了です。
壁際の既存のノシ瓦はコーキングがかなり塗布されており、コーキングにより雨水を堰き止めてしまうこともあり、雨仕舞上よくもないので、ノシ瓦は新しい瓦を使用しました。
壁際のノシ瓦も、少し外側に出し気味で取り付け、桟瓦の山の部分まで被せて、半端瓦の部分に雨水が入らないように葺き上げています。これで、もう安心ですね!
この後、何回か雨を経過し、確認しましたが、雨漏りは起こしてないようでした。

このように、日本瓦の場合、瓦自体は30年経過していても問題はないのですが、面戸漆喰や谷板金、そしてこのような壁際の仕舞が当時はよくても、現状の仕舞と乖離している場合がありますので、定期的に点検して早期に雨漏りなどを発見して補修することが、家の寿命を延ばすことになりますし、メンテンナンスの費用も安く済みます。

現状、屋根に問題はなくても、30年以上経っている場合は、一度屋根点検をすることをお勧めします!
屋根点検のご依頼は、瓦屋根の知識も豊富で、多くの熟練した職方を有する
「街の屋根屋さん大阪門真店」にお気軽にご相談下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

厚型スレート瓦です。

大阪市城東区の物件の屋根点検のご依頼をお受けしました。お客様がお貸しになっている家ということで、屋根にあがりますと、これまた今時と言っては語弊がありますが、非常に珍しい瓦でした。この瓦は厚型スレート瓦と言って、昭和初期によく葺かれた屋根材で...........

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060