オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大東市 天井に雨シミができているN様邸で雨漏り調査を行いました


大東市にお住いのN様邸で、雨漏りの調査を行いました。

お部屋の天井に雨シミができていた為、心配になり梅雨までになんとか直しておきたい。とご相談を受けました。
N様にお話しを伺いますと、阪神淡路大震災後に飛び込み業者より、ラバー工事(あとで詳しくでてきます)・漆喰の塗り替え工事をして頂いたそうですが、最近になり雨漏りが発生したので当時の業者さんに電話をかけてみるも、「現在は使われておりません・・」との事。
飛び込み業者や悪徳業者にはお気を付けください。。

それでは早速、築32年瓦屋根の、雨漏り調査の様子をご紹介いたします。
雨シミ
お客様に了承を得まして、お部屋の雨シミ箇所、状態を確認させて頂きました。

こちらは、2階のお部屋の天井です。
雨シミが広範囲に確認できました。
大体の雨漏り位置を確認し、屋根にあがって、屋根形状を見ながら雨漏り原因を探っていきます!
ラバー工事がされていました
ラバー工事
N様邸は、瓦屋根で葺かれていました。そして、屋根にあがり初めに目についたのは、ラバー工事です。

瓦と瓦の隙間を埋めるようにコーキングが塗られています。
ラバー工事では、瓦のズレを防止できます。
しかし、瓦と瓦の隙間が無くなってしまう為、コーキングが劣化で切れてしまった場合に雨水が入り、抜け道が無くなってしまいます。。それが雨漏り原因になってしまう可能性が非常に高い為、弊社ではラバー工事を推奨しておりません

ラバー工事について詳しくはこちらをご覧ください。
谷板金はかなり錆びていました
アンテナ線により瓦ズレ
谷板金がかなり錆びていました。
屋根で言う谷とは、屋根面が合わさった谷折りになっている箇所です。
この箇所での不具合はかなりの雨漏りが予想されますので、ここまで錆びているのは心配です。
錆びたままにしておくと穴が開いてしまいますのでそこまでくると雨水が入り放題です
最近では、ガルバリウム鋼板という錆びにくい材質のものを使用しますので取り替えておくと安心ですね。

また、屋根の傾斜を下った先端の部分・軒先(のきさき)の瓦がズレていました。
屋根の上に設置してあるアンテナ線が引っ張ってきているためでした。ここもこのままでは左右の瓦も連鎖反応でズレていく可能性があります。

点検後

屋根点検後、お見積り書と屋根のお写真で資料を作成しご説明にあがらせて頂きました。

ラバー工事もひどく、今回は屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

家族と検討しますとの事でしたので、ご契約いただけましたら、ブログ更新させていただきます(^^)/

街の屋根やさん大阪門真店

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

厚型スレート瓦です。

大阪市城東区の物件の屋根点検のご依頼をお受けしました。お客様がお貸しになっている家ということで、屋根にあがりますと、これまた今時と言っては語弊がありますが、非常に珍しい瓦でした。この瓦は厚型スレート瓦と言って、昭和初期によく葺かれた屋根材で...........

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060