オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市で銅板からの雨漏りの現地調査に行きました。


門真市にお住いの客様より、お部屋では雨漏りしていないが、軒先(のきさき)の下地の板に雨漏りの跡がたくさんあるので見てほしいとお問い合わせがありました。
日程を調整し、現場調査へお伺いいたしました。

軒先・・屋根面を下った先端部分。
銅板のさらし
雨漏りをしていた箇所です。
以前は銅は一生ものと言われていたほど長持ちしていた板金でした。

今でも社寺仏閣などで銅板の屋根はありますけど、一般の家庭に使われている銅板は厚みが薄く、最近の酸性雨の影響で酸化銅にならずに、硫化銅になり穴が開くらしいです。
この部分はさらしと言う箇所ですが、これ以外にも銅の樋(とい)なども穴が開いてます。
さらし全体
さらしの全景です。
緑の所は綺麗な銅色ですが、やはり瓦の上を流れてさらしに落ちていく所は茶色く変色しているのがわかります。

穴あき銅板
ここまで大きな穴が開いている箇所もありました。
その横も見た目では大丈夫そうに見えますが、針の先でつついたような穴が開いています。
このため雨の向きや雨量に関わらず、雨が降るたびに確実に下地の板を濡らしています。
そのまま放っておくと、野地板だけではなくてたる木までもが腐って折れる危険性があります。
熨斗崩れ
その他の屋根も点検した所下屋根の壁際ののし瓦も崩れていました。放っておくと雨水が屋根土を流していき、順番にのし瓦が崩れていきます。
落ちると人に当たったり、下の物が破損するかもしれないので早急な処置が必要と思われます。
棟下がり
棟瓦の写真です。
少しわかりにくいですが、黒ずんだ漆喰(しっくい)の中の屋根土が経年の為に痩せていき、上ののし瓦の勾配が下がってきています。
漆喰剥がれ
後は所々漆喰が経年の為に剥がれている箇所がありました。
お客様には一度銅板を撤去して、ステンレスのさらしに替えるのと壁際ののし瓦の積み替え、漆喰の補修を提案させていただきました。
ありがとうございました。
屋根のメンテナンス時期をご存知ですか?普段目につかない箇所だけに、メンテナンスがおろそかになり大掛かりな工事をしなければいけない状態まで放置しておられる方は少なくありません。点検・メンテナンスについて詳しくはこちらをご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市瓦割れ

以前調査した時の地瓦の割れがひどい部分です。この場所の真下付近で雨漏りを確認していたので、一度めくっていきます。

枚方市ベスト施工前

施工前のベストの様子です。経年劣化により、塗装の剥がれ、ひび割れ、苔が生えていました。屋根を補修する良い目安だと思います。この状態を放置していると、強風などで飛散し、周囲の家や人に当たったりすると大変な事になります。

東大阪市門屋補修前

ここの、角の部分に、トラックがバックでぶつかったのですが、瓦だけでなく木の土台や雨樋にも当たっています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060