オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

茨木市で和瓦を解体して、下地コンパネ工事を行いました。


和型の釉薬瓦でしたが、40年近く経っており、かなりズレなども酷かったので軽いシングル系のリッジウェイに葺替へるあため、まずは瓦の解体、そして下地のコンパネ野地下地工事を行いました。
青緑の釉薬瓦です、ラバーコーキングがされております。
工事前です。30年以上前には良く葺かれた、和型釉薬瓦の青緑という瓦です。大きなズレはないのですが、40年も経ちますと、中の土などが劣化して所々に開きがでてきます。この家はラバーコーキングをさえているので、大きなズレはありませんが、屋根にはあまり良くありませんし、耐震の事も考えられて、葺替工事を行うことになりました。
まずは瓦をメクって行きます。
まずは、瓦を屋根からメクっていきます。瓦の下には大量の土が乗っており、これを除去するのが大変なんです。
右のバケットのようなもので、土を手で取り除いて行きます。
瓦の下の土は右下のバケットのようなもので、手でかき集めて取り除いていきます。なかなか大変な作業になります。
細かな埃もホウキで掃いて屋根面を掃除します。
おおまかに取り除いた土のあとは、細かな砂状のものになりますので、ホウキで掃いて集めて行きます。この家は下葺材に杉の板が貼られていますね。
縦に垂木を打って、野地を2重野地にします。
既存の垂木の上にもう一本垂木を打ち付けて、嵩上げをして2重野地にしていきます。
和瓦などは、軒先やケラバ際に破風板が30mmほど立ち上げられており、直にコンパネを打ちますと、スレート系のストレートの屋根材は葺けませんし、もし瓦下に雨水が入った場合も軒で止めてしまう構造になるので、軒と同じ高さまで上げて、コンパネ野地を少し樋側に出してやる工事が必要なのです。
コンパネ下地をドンドン貼って行きます。
軒先を決めましたら、どんどんとコンパネを垂木に打ち付けていきます。屋根の強度もあがり、2重野地になりますので、雨仕舞もよくなります。
コンパネの上から防水材のゴムアスルーフィングを貼っていきます。
コンパネを貼り終えますと、すぐに防水下葺材のゴムアスルーフィングを貼って行きます。ゴムアスルーフィングは、ゴムが含有されてますので、普通のルーフィングより釘シール性がいいのです。
ゴムアスルーフィングを貼り完了
ゴムアスルーフィングを貼り終え、本日の工事は完了です。
養生のブルーシートをして、明日は本体のリッジウェイを葺き上げる予定です。
雨が降りませんように。。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060