守口市 ケラバ側の袖瓦ズレ補修工事


守口市の物件で、家の妻側のケラバ部の瓦がズレてきているので修理して欲しいとのご依頼を受けました。このケラバ部の瓦のズレは台風や地震でよるものではなく、経年によるもので、全体的に下がって角瓦が押されてしまっていますので、ケラバ瓦を一旦外して、下の葺土を新たに入れ直して、ビスの3点止めで今後の飛散やズレに対応するすように補修しました。
角瓦がズレている。
ケラバ部の袖瓦(右)が全体的にズレ、角瓦を押してしまい、角瓦が斜めになってしまっております。
袖瓦が全体的にズレています。
横の桟瓦とみても、下方向にズレてしまっているのが分かりますね。このままではいずれ落ちてしまうので危険です。
袖瓦がズレて野地が見えてる
下方向にズレてしまっている訳ですから、一番棟際のところは案の定、巴瓦の下に瓦が入ってない状態になり、野地が見えてしまっております。これでは雨漏りの原因になってしまいます。
袖瓦解体
まずは、袖瓦(右)を全体に外して、下の葺土も砂可してバラバラなのでこれも取り除いていきます。
ケラバ部、土を置き直し
そして、新しい練り土を再度置き直していきます。元々土葺なので、現在の瓦のように桟に掛ける爪も瓦にないし、高さの調整もあるため、再度土葺ではないとこの部分は納まらないのです。
袖瓦、再葺上工事
新しく置いた土の上に瓦を葺き、職人の技術で調整して袖瓦を取り付けていきます。瓦を一枚一枚少しずつ削って合わせて行くので、素人ではできない作業なんです。
そして、その瓦の上側にビスを2本止めてズレなくしていきます。
風で浮き上がらないようにビス止め
瓦の上側からもドリルで穴を空け、ここにもパッキン付きのビスを留めつけていきます。
これは、台風などの強風で浮き上がって飛散しないように補強します。
袖瓦補修完了
すべての袖瓦を葺き直し、ビスで補強して完成です。
個の屋根は切妻ですので、同じ右側のケラバ部がもう一か所あるので、そちらも同じように葺き直しをさせて頂きました。
右側のケラバ部の瓦は、桟瓦や左側の袖瓦のように、右下の瓦に引っかかるようになっていないので、経年でズレること多いのです。これを放置していますと、全体的にズレが進行してしまいますので、ズレてるかなと思いましたら、瓦屋さんに確認してもらい、早いうちにこのように補修工事を行うことが、日本瓦を長く保たせるには有効になります。
日本瓦は、メンテナンスをきっちりとやっていれば、50年以上家を守ってくれる、日本伝統の屋根材なんですよ。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

大東市屋根全体

お客様から、瓦が数枚割れているとの事で調査依頼がありました。大屋根の全体部分ですが、台風にもしっかりと耐えて比較的にキレイなままでした。破損していた箇所は、袖瓦部分、棟瓦部分です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060