オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市鶴見区 台風被害で割れた瓦交換と、面戸漆喰の塗り替え工事を行いました。


大阪市鶴見区で、昨年の台風21号で何かが飛散して割れた瓦の交換の依頼があり、点検した際に棟の面戸漆喰の大部分が経年劣化で土と分離して剥がれており、このまま放置すると、葺土が露出した部分を雨水で濡れてしまい、土を流してしまって棟瓦の崩れや、雨漏りに繋がる恐れがありので、面戸漆喰の塗り替えを提案させて頂き、あとはお客様の要望で棟の瓦ズレ防止にコーキング接着の工事を行いました。
台風で何かが飛んできて割れた瓦を補修します。
昨年の台風21号で何かが飛散してきて、割れた瓦部分です。
かなりの枚数が割れてしまっており、もちろんシート養生はしてありましたが、このまま1年程度過ごすのは不安だったことと思います。
割れた瓦の補修工事完了
濡れて崩れた土を取り払い、新たに土を置いて、新しい瓦で補修を行いました。
色がかなり違いますが、新品ではこの色で、長年の紫外線などで薄くなってしまうのです。
しかし、陶器瓦は塗装ではないので、完全に色が剥がれることはなく、色の塗り替えが必要ないんですね。
塗装製品の屋根材なら、これだけの年数なら最低2回の塗り替え工事が必要になります。
棟際の瓦も割れています。
棟際瓦も割れており、テープで養生してありました。棟の下なので取りかえるのが困難なんですが、瓦の割り付け上、一枚物(カットしてない瓦)が入っておりましたので、棟のノシ瓦を解体することなく、抜くことができました。
棟際の割れ瓦も交換完了
棟際の瓦交換完了です。
もちろん、のし瓦したの土などは一部、解体してますので、新たに足して、面戸漆喰をしなければなりませんが、ここは新たに全部、面戸漆喰を塗り替えますので最後にまとめて漆喰を塗ります。
棟の面戸漆喰がほとんど剥がれてしまっています。
面戸漆喰が剥がれてしまっていますね。
これでは、棟の土が露出してしまい、雨水で濡れて流れたりして棟瓦の崩れや雨漏りに繋がる場合があるので、和瓦に於いて漆喰の塗り替えなどのメンテナンスは絶対必要になるのです。
棟の面戸漆喰の塗り替え完了
既存の面戸漆喰を剥がし、そして新しい漆喰を「つるくび」という鶴の首から上のような形状のコテで塗っていきます。これも、結構難しくて技術のいる仕事なんです。
お客さまの要望でズレ止めのコーキング接着も行いました。
鬼瓦回りの漆喰も無くなっています。
鬼瓦回りの漆喰も、もうなくなっていますね。
面戸漆喰も剥がれて、土が完全に露出してしまっています。
鬼瓦回りの漆喰も完了
こちらも、面戸漆喰の塗り直し、鬼瓦回りの漆喰も塗って、白い漆喰が生えてきれになりました。
和形瓦は、メンテナンスさえ、きっちりと行えば50年程度もつ日本の気候に適した最適な屋根材なのですが、ここ最近では重いということで敬遠されてしまっているのは、残念ですが、それも時代のニーズですので致し方ありあませんね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市壁際解体

まずは、壁際部分の解体を行いました。昔ながらの屋根なのでしっかりと土が盛られていました。入母屋部分の屋根と壁際のし部分がぶつかる所で雨水が下に落ちるように板金を入れるのですが長さが足りていませんでした。

寝屋川市入母屋屋根袖

1階の仏間からの雨漏りという事で、外側の屋根を見てみました。全体的に瓦の寿命がきていて所々割れているのが見受けられました。

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060