旭区 いぶし瓦屋根の点検依頼。漆喰部分の剥がれを確認しました。


いぶし瓦切妻屋根

旭区にお住まいの方より、屋根の点検依頼を頂きました。

今回点検させていただきました屋根はいぶし瓦の切妻屋根です。

棟面戸漆喰
棟面戸漆喰

棟部の三日月型の白い箇所が面戸漆喰(めんどしっくい)といいます。この漆喰が黒ずみ、剥げてきています。

剥げてしまった箇所は中の土が見えてます。。
面戸漆喰は防水ではなく、中の葺土を守るためと美観の役割です。ただ、このままですと、強い雨が降ってしまうと剥げた個所から雨水が流れ込み、雨漏りとつながってしまうため漆喰詰め直しを行ってあげる必要があります。
鬼瓦廻り漆喰
玄関向かって右側の鬼瓦です。
鬼瓦廻りの漆喰も剥がれてきてしまっています。
鬼瓦廻り 漆喰
反対、向かって左側の鬼瓦廻りです。
こちらも漆喰が剥げています。こちらは剥がれたものが横に落ちていました。落下すると危険ですのでこちらは回収させていただきました。
いぶし瓦屋根点検
屋根瓦自体はズレなどもなく、問題ありませんでした。
いぶし瓦のこの黒ずみは、自然素材特有の現象で問題はありません。
(解説コラム⇒ 粘土瓦のいぶし色


お客様には面戸漆喰と鬼瓦廻り漆喰の塗り替え工事をご提案させていただきました。
漆喰の塗り直し工事は下記の記事をご参考ください。

漆喰は10~15年のメンテナンスが必要です。
雨漏り防止のためにも、梅雨入り前に屋根メンテナンスを行ってみてください。
無料点検は街の屋根やさん大阪門真店にお任せください。
ありがとうございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

まずはレッカーを設置します。

寝屋川市の波板スレートで葺かれた工場の屋根を、既存も波板スレートを外さないで上からカバーするガルバリウム鋼板のリファインルーフ650で工事を行うことになりました。30年以上前に建てられた倉庫、工場などはほぼ波型スレートで葺かれていることが多...........

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

寝屋川市瓦めくり

初めに、古い瓦をめくっていく作業になります。和型の屋根には、瓦、木、土などが乗っていて何千キロもの重量がかかっています。地震などの対策として、屋根にかかっている重量を軽くして今よりも揺れに強くすることが出来ます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060