オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四条畷市で漆喰の詰め替え工事を行いました。


四条畷市で日本瓦で葺かれた立派な瓦で葺かれた車庫の屋根瓦の漆喰工事を行いました。漆喰(しっくい)は防水の為にするわけではないのですが、熨斗瓦(のしかわら)を積む際に使用された葺土が雨水で流れないように保護するのと、一番は美観の問題です。いぶし瓦の銀色と漆喰の白が、美しい日本美を生み出すのですよ。漆喰は10年~15年でメンテナンスが必要ですので塗替えを行って、いつでも美しい日本瓦の屋根にしましょう。
暑いなか職人さんも頑張ってます。
暑い中職人さんも、地道に漆喰を塗って行きます。夏場は瓦の温度が50度を超えますので素手で触ると熱くて持てません。その中をしゃがんで平瓦と熨斗瓦の隙間の三日月型の部分に漆喰を塗り込んで行きます。
面戸漆喰を塗り込んでいきます。
三日月部分の漆喰の事を、面戸漆喰(めんどしっくい)といいます。
いぶし銀の瓦に真っ白な漆喰が映えます。これだけ棟(むね)の積段数も高いと重厚感が半端ないですね。
刀根丸の側面にも漆喰を塗っていきます。
ケラバ際に2本縦に葺いてある丸瓦を刀根丸(とねまる)といいます。この側面にもしっかりと漆喰を詰めて行きます。
鬼瓦廻りの漆喰は美しく形どって
そして鬼瓦の棟廻りと、刀根丸の棟との取合い部にも漆喰も巻くように塗って行きます。これ簡単そうできれいに塗るのは難しいんですよ。職人さんの技術が光ります。
漆喰塗りには熟練の技術が要ります。当社は熟練の技術を備えた左官職人もおりますので、漆喰が剥がれてきたとか、黒くなって汚いと感じましたら、是非当社にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

お寺の塀瓦の復旧工事をしました。

塀瓦施工前
素丸瓦施工写真
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
約10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

青い陶器釉薬瓦のお宅です。

門真市で葺かれてから40年近く経っている和形釉薬瓦の青緑色で葺かれたお宅の屋根点検、調査を行いました。年数も経っていますので、面戸漆喰などの漆喰類が劣化して剥がれかけたり、剥がれたりしていたり、瓦にズレなどがみらたりと、だいたいいつもと同じ...........

塩ビ波板が強風で剥がれています。

門真市で、台風21号で一部飛散したベランダ上のアルミ屋根の塩ビ波板を、すべて剥がして撤去。新しくポリカーボネイト製の波板を張替える工事と、大屋根の釉薬瓦の面戸漆喰がかなり劣化しておりましたので、既存の漆喰を剥がして、再度塗り直しす、面戸漆喰...........

傷んだ面戸漆喰をすべて剥がします。

大阪市旭区新森といえば区画整理された閑静な住宅街ですよね。そこのお宅の漆喰の塗り替え工事を行いました。瓦自体も30年ほど経っているのですが、さすがいぶし瓦、まだまだキレイな状態です。屋根形状がシンプルな切妻屋根というのもいいですね。ただ、面...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060