オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市 片流れ屋根をリッジウェイでカバー、破風板金もカバー工事します。


水上がお施主様邸の連棟です。
写真は調査時の写真です。
門真市の連棟にお住いのお客様より外ですが大量の雨水が落ちてきて音がすごいとお問合せを頂き、今回調査後現状のカラーベストの上から葺きあげるカバー工事を行わせていただくことになりました。

こちらの屋根は片流れ屋根の形状で、現場調査時のブログにも書きましたが、通常片流れ屋根はお家正面側が水下になり正面に向かって水が流れる作りが多いのです。こちらの連棟のお家は、写真で説明すると右の借家が水下となっており、お隣に雨水が流れる勾配の屋根になってます。なのに何故、水上側のほうから雨水が大量に落ちてくるのかの原因は現場調査時のこちらのブログをご参考ください。


本日は施工状況をご紹介します。
境界部分からルーフィングを貼ります
今回はお問い合わせいただきたお客様の屋根のみカバー工事を行わせていただきます。まず、お隣様邸との境界部分から粘着ゴムアスルーフィングを貼っていきます。
ルーフィング
屋根一面に貼り終わりました。
写真の屋根左端部分がちょうど片流れ屋根の高い位置になる片棟部分です。片棟の側面、破風板金からの雨漏りの原因部分です。後ほどそちらも板金でカバーします。
リッジウェイ
リッジウェイ
いま日本でも人気のある屋根材、アスファルトシングルのリッジウェイを千鳥に並べ1枚に対して釘を4カ所とめ、葺いていきます。

リッジウェイは非常に軽い・強風に強い・雨音が静か・落雪しにくいと防災対策に非常にお勧めできる屋根材です。アメリカでは長年愛され30年以上の実績があります。近年では日本でもリフォームだけでなく、新築で使用されることも増えてきました。(柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」をご参照ください)
破風板金
破風板金
本体が葺きあがり、板金工事です。
雨漏りの原因破風板、粘着ルーフィングを巻き込んで新たに破風板金をカバーし、片棟板金を被せてます。ケラバ板金も取り付け、完成です。
片棟板金、ケラバ板金
リッジウェイカバー工法完工
これで、破風板金の内側に入ってしまっていた雨水も入りません。気になっていた大量の雨水が落ちる音もなくなるかと思います。今回使用したリッジウェイの色はハーバードスレート、洋風で落ち着いた仕上がりになりました。
工事のご依頼、誠にありがとうございました。


その他リッジウェイの現場ブログ


街の屋根やさん大阪門真店 0120-198-060

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060