八尾市 棟瓦を【丸伏せ工法】で葺き替えました瓦屋根のアパート


瓦屋根、工事前

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 右袖瓦ズレ
八尾市 漆喰が剥がれて下の土が見えています
八尾市 鬼瓦がグラグラ状態になっていました
八尾市のアパートで屋根の部分工事を行いました。
屋根のてっぺん部分である棟瓦(むねがわら)がうねっていたり、漆喰(しっくい)が剥がれていてそろそろメンテナンスをしておいたほうが良い時期でしたので、棟を軽量化できる丸伏せ工法で積み替え工事、ズレていた瓦は補修しました。

現場調査のブログはこちらから

瓦屋根、工事中

八尾市 はしご設置
八尾市 バケツを使って既存瓦を運ぶ
まずは屋根にはしごを設置します。

ここから職人さんが上がり降りし、瓦や屋根材もここから運びます。

棟瓦の解体工事から取り掛かっていきます。
八尾市 バケツを使って既存瓦を下に運ぶ
八尾市 トラックに積む
バケツのような容器に解体した瓦や土を詰めて、はしごに設置した瓦上げ機で下に運んでいきます。

上で瓦を解体する人、下でトラックに廃棄していく人、流れ作業で行っていきます。

棟だけでも土と瓦で、トラックの荷台にいっぱいいっぱいになりました。

私は職人さんと一緒に新しい瓦をトラックからアパート前に運んでみましたが・・
その数メートルを行き来するだけで息があがってしまいました・・職人さんには毎度感激です!
八尾市 棟瓦葺き替え工事
八尾市 強力棟金具を設置します
棟の、土や瓦の解体が終わったら棟際の瓦を調整していきます。

この際に割れている瓦があれば差し替えます。新しい瓦を使用するので多少色は変わりますが同じ瓦なので屋根に問題はありません。

(解体中土が飛散し近隣の方にご迷惑がかかってしまうため、事前にご挨拶回りに伺わせていただきます。)

強力棟金具(きょうりょくむねかなぐ)を設置し、この上に垂木(たるき)を設置します。棟の下地作りです!
八尾市 垂木になんばん漆喰を盛ります
八尾市 ビスでしっかり固定しています
なんばん漆喰を盛り、7寸丸瓦を被せます。先程の垂木に向かってしっかりビス止めていきます!

丸伏せ工法では熨斗瓦を積まないので以前のように漆喰が剥がれる心配がございません。
八尾市 ズレ防止のコーキング
ズレていた右袖瓦部分も修正しコーキングでズレの予防をしました。
八尾市 軒樋の掃除
軒樋(のきとい)には剥がれた漆喰やゴミが溜まっていたので最後に掃除しました。

工事完成

八尾市 丸伏せ工法完成
工事完了写真です。
鬼瓦が無くなりましたが、漆喰の劣化で鬼瓦がグラグラ状態になる心配もなくなりました!

以前の棟よりもかなりの軽量になったのでお家の耐震化にもおすすめです。
雨漏り被害や、定期的なメンテナンス、地震対策など様々なご相談を頂いております。
屋根の修理方法もたくさんありますのでまずはご相談ください(^^)

大阪門真店おすすめコラム

地震被害について

先日の地震被害により、屋根被害のお問い合わせが殺到しております。
梅雨と重なり不安な気持ちが膨らむ一方だと思います。

できる限り早急にご対応をさせて頂いてますが、現在もお日にちを頂いている状態でございます。
お困りの中、大変申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

街の屋根やさん大阪門真店

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060