オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大東市 日本の伝統的な和形いぶし瓦屋根の漆喰塗り替え工事を行いました。


大東市の大きなお宅で、一昨年の台風21号の時に、2Fの桟瓦の一部が飛散してしまい、その飛散した瓦が下屋根に当たって割れた瓦の補修を見て欲しいと依頼され、現場確認したところ、割れたり、欠損した瓦は桟瓦のみで比較的簡易に補修できる部分ばかりで、お客様は葺替工事の御見積も欲しいと依頼されましたが、他の部分はまだまだ全然しっかりとした状態なので、今葺替するのはまだ早く勿体ないので、経年劣化したいる棟の面戸漆喰を含めて補修工事で提案させて頂きました。
台風で2fの瓦が落ちてきて割れたので、防水シールを貼って養生しています。
まずは2Fの瓦が飛散して落ちてきて割れた下屋根部分の桟瓦を補修します。割れた瓦には、粘着の防水シートが貼り付けられて応急処置がされておりました。
防水シートが張られた部分を外して行きます。
その部位の瓦を外して行きます。
割れた瓦を交換することができました。
そして、新しい瓦をはめ込んでいきます。こういう、平部の真ん中は比較的簡単な作業になります。
すべての既存面戸漆喰を剥がしていきます。
古く劣化して面戸をすべて剥がして行きます。これを剥がさずこの上から塗る業者もありますが、これは絶対にNGです!
剥がれかけている面戸漆喰の上から新しく塗っても土面とかみ合ってないので、すぐ剥がれてしまいます。
既存漆喰を剥がして、土の状態にします。
古い面戸漆喰を剥がして、棟の葺き土を削っていきます。
新しい漆喰とかみ合うようにと、漆喰が棟瓦の端より中に入っている方が棟瓦の水切れがよく、雨漏りに繋がりにくいのです。
面戸漆喰完了しました。
新たらに漆喰をコテで塗っていき、真っ白に美しい面戸漆喰が映える屋根になりました!
谷部分の面戸漆喰も塗り直します。
谷瓦部分の漆喰も劣化しておりますので、塗り替えます。
しかし、谷部分はコテが入りにくく塗りにくいので、この部分は瓦を外して行います。
谷部分の瓦を一旦解体します。
谷の瓦を外して、既存の面戸漆喰を取り除きます、土が濡れてますね。
この部分は水の流れるところですので。絶えず濡れと乾燥を繰り替えす部分ですので、劣化が早くなります。
そして、漆喰を新に盛って行きます。
谷部分に新たに漆喰を置いて行き、瓦を葺き戻して行きます。
古い面戸漆喰を剥がしました。
こちらの棟部分も既存の面戸漆喰をすべて剥がして行きます。
面戸漆喰を塗り終えました。
そして、新しく漆喰を塗ります!
漆喰が新しくなるだけで、屋根が新品のようになりますね。
壁際の面戸漆喰もかなり黒ずんで劣化しています。
下屋根の壁際のノシ瓦下の面戸漆喰も黒ずんでおりますので、こちらも塗り替えます。
新に面戸漆喰を塗り直しました。白くて綺麗ですね。
ここも棟の面戸漆喰と同じように、既存の面戸漆喰を外して新たに塗り替えを行いました。
鬼柄廻りの漆喰も塗り明けてお化粧直しです。
面戸漆喰は和形瓦では、15年程のサイクルほどで塗り替えを推奨しております。
面戸漆喰が剥がれたからといって、すぐに雨漏りに繋がることは二のですが、そのまま放置しますと、面戸漆喰が剥がれて葺土が剥き出しになった部分が雨水で削られて棟の崩れを起こして雨漏りを起こしたりしてしまうことがあるので、漆喰のメンテナンスは重要になってきます。
和形瓦自体は、カラーベストやセメント系の瓦のように塗り替えの必要せいがなく、漆喰やズレなどのメンテナンスをきっちりと行っていれば、50年以上家を守ってくれる屋根材なので、初期費用は高くなりますのが、50年経った時のランニングコストを考えると一番経済的な瓦と言えます。
日本の風土に根ざして、1400年の歴史を刻んできた和形陶器瓦は、最高の屋根材と言えますね!

日本瓦を扱うには熟練の技術者が必要になります。
当社には熟練の日本瓦職人も多数、在籍しておりますので、メンテンナンスのご相談や、修理などのご依頼は、
屋根専門、瓦専門の「街の屋根やさん 大阪門真店」にお任せ下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市I様邸 屋根面戸漆喰・鬼廻りコーキング漆喰工事

漆喰施工前
完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
築31年
建坪
26坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

面戸漆喰が剥がれています。

大阪市鶴見区で「いぶし瓦」で葺かれた入母屋屋根のお宅の、漆喰の塗り替え工事をさせて頂きました。「いぶし瓦」自体は1400年前から使用されており、我が国の気候風土に適合し、社寺仏閣などをみてもわかるように夏は暑く、冬は寒い日本においても非常に...........

寝屋川市壁際解体

まずは、壁際部分の解体を行いました。昔ながらの屋根なのでしっかりと土が盛られていました。入母屋部分の屋根と壁際のし部分がぶつかる所で雨水が下に落ちるように板金を入れるのですが長さが足りていませんでした。

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060