交野市で棟の漆喰が原因で雨漏り、和型濃いチョコ瓦の棟工事をしました。


交野市にお住まいの方から気が付いたら天井にシミが出来ていて、触るとブヨブヨしているので一度点検してほしい。と連絡があり現地にいき点検をしました。
棟解体
3階の寄棟屋根で以前にラバー工事漆喰工事をしていました。
何度も書いていますけれど、ラバー工事は瓦が飛んだりずれないだけであり、雨漏りが止まるわけではありません。
今回も棟の瓦を解体していくと、次々に雨水がしみ込んだ跡がでてきました。

しかしながら今回はラバー工事による雨漏りよりも、漆喰の方からの雨漏りがおそらく原因です。ふつうは既存の漆喰をめくってから新しい漆喰を塗るのですが、そのまま上から重ねて塗っていました。そのため棟の、のし瓦から水が地瓦にながれていく箇所まで漆喰がかぶってきていました。
三つ又部
三つ又部です。
この箇所も漆喰(しっくい)が瓦の厚みくらい塗っていましたので、土がかなり湿っていました。
住み鬼部
隅棟軒先部(すみむねのきさきぶ)です。
こちらもあちこち雨水が浸入していました。
そして隅の鬼瓦を引っぱていた銅線が腐食していて中で切れていました。
ラバー工事をしていた為、鬼瓦の落下が無かったのが不幸中の幸いでした。
お客様宅は3階なので落下していたら、とんでもない事になりかねないですね。
棟なし写真
全ての棟を解体しました。
地雨漏り
次に地瓦をめくってみると、やはり土が濡れていました。
こういった箇所がたくさんありましたので、今回工事をして良かったと思われます。
強力棟金具
強力棟金具(きょうりょくむねかなぐ)を取り付けていきます。
今後の事も考慮して、のし瓦を積まないで大きな7寸丸で施工します。
たる木設置
棟下の三角の形の地瓦をきっちりと入れて、金具にたる木を取り付けていきました。
今日の工事はこれでシート養生して帰りました。
有難うございました。

続きの工事ブログはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

カラーベスト苔
MFシルキー完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060