守口市 昨年の台風21号で飛散した入母屋屋根の隅棟をいぶし瓦で積み直しました。


守口市で昨年の台風21号で飛散し崩れた隅棟の瓦を、このまま放置したら落下の危険性があるのですべて撤去してブルーシートをカットして養生されていた入母屋屋根のお宅のお客さまの隅棟部分を新たな瓦で積み直しをさせて頂きました。
このような入母屋屋根の瓦葺工事は熟練の技術が要り、この工事ができる職人さんの絶対数が少ないため、修理まで長い時間がかかっているのです。一般住宅の瓦屋根なら少し知識があり、器用な人なら直せるのでお声がけが掛かったり、リフォーム屋さんでも受け付けてくれるのですが、このような入母屋屋根や社寺などは補修や葺替工事を行うにしても、できる職人が少ないので進まないのが現状のようです。
昨年の台風21号で飛散した隅棟、落ちそうな瓦を取り除いてシート養生がしてあります
入母屋屋根の隅棟が昨年の台風21号で飛散して崩れたので、落下の危険性もあった為、棟瓦を解体してそこにブルーシート養生を行っていました。
入母屋屋根は勾配もキツく、解体するのも大変だった思います。
南蛮漆喰を使用して、台ノシを積みます。
ブルーシートを剥がし、棟下瓦の調整を行ったら、鬼瓦を設置して、水糸を張って、土を使用せず南蛮漆喰の「シルガード」を使用して、ノシ瓦の一段目を水糸に合わせて葺いていきます。
瓦工事をする場合、軒先に板を設置してありますが、このように屋根面に板で足場を設置します。
ここを歩いて作業したり、瓦を置いたりしますし、もちろん落下防止の意味もあります。
南蛮漆喰のみで積み上げますので、面戸漆喰の必要もありません。
台土を使用せず、すべてを南蛮漆喰で積み上げますので、平瓦とノシ瓦の隙間の三日月部分の漆喰、「面戸漆喰」を後から塗る必要もなく、今後剥がれることもありません。
もちろん、土に比べれば南蛮漆喰はセメントのように固まりますので、強度も断然に上がります。
のし瓦を4段積み上げて、伏間瓦を葺上げます。
棟のノシ瓦を4段積み上げまして、冠瓦の「伏間瓦」をのせていきます。
冠瓦も色んな形がありまして、丸いのやら、角ばったやつなどかなりの種類があります。
手前の台は勾配戻しといいまして、南蛮漆喰の袋を置いたり、ここで作業をしたりする屋根の勾配部分に置いて、水平に箇所を設けて作業しやすくする台で、職人さんの手作りなんです。
勾配面に置いての作業はやりにくいし、落下の危険性が伴いますからね。
いぶし瓦で隅棟の棟積み完了しました。
隅棟の棟積み工事が完了して、もとの重厚感のある、日本の伝統的屋根の入母屋屋根が蘇りました!
この工事はただ斜めにノシ瓦を積むだけでなく、右側に見える鬼瓦が見えますが、降棟のとの取り合い部分が、雨水を棟下を通過させるトンネル処理をしなければならないとか、かなり技術がいる工事なんです。
まだまだ、このような入母屋屋根にブルーシートが掛けられているのが良く見られますが、当社ではこのような入母屋屋根や、社寺仏閣を手掛ける職方も多数所属しておりますので、なかなか瓦工事に来てくれないとか、お悩みがございましたらお気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

守口市 屋根の天辺、棟包み板金の取り替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
約31万円(足場費用省く)
施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

守口市 凹んだ庇の板金を取り替える工事をご紹介致します

板金庇に凹みができてしまっています
板金庇施工完了全景
工事内容
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060