オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

摂津市 太陽光温水器が棟瓦にのっかっている瓦屋根の屋根調査


摂津市にお住いのN様より、現在雨漏りはしていませんが、屋根無料点検をしてほしいとホームページを見てお問い合わせを頂きました。
N様と日程を調査し、点検に行って参りました!
雨漏り修理 太陽光温水器
屋根にあがると太陽光温水器が設置されていましたが、取り付け位置に問題があります。棟(むね)瓦にのせてはいけません。。本体や屋根材の破損の原因になります。
棟は屋根で一番重要な箇所と言っても過言ではありません。太陽光温水器は水が入るとすごく重くなるので、屋根にはあまりよくありません・・

棟・・屋根面が合わさった箇所
アンテナ線と銅線
アンテナが設置されていました。
棟瓦を固定している銅線に、アンテナの線をはわしていますが、これは水の流れを妨げるのあまりよろしくありません。

漆喰が劣化している
元々は真っ白だった漆喰(しっくい)ですが、穴が開いていました。劣化により、カビやほこりで黒くなっています。

瓦自体は何十年も長持ちしますが、瓦屋根の場合、漆喰の塗り替えメンテナンスが必要です。(10年~15年に1度が目安です)

漆喰には白と黒の2色があります。漆喰は防水するのではなく、土に雨水が回らないように守ったり、美観をよくする役割があります。白色が一般的に多く使用されています。
漆喰が剥がれて屋根土丸見え
隅棟(すみむね)部の漆喰が剥がれて、屋根土が丸見え状態です。このままでは土が雨水を吸収してしまい雨漏りの原因になったり、棟が崩れていく危険性もあります。

N様邸は釉薬瓦(シルバー色)が使用されています。
屋根点検後、N様にはお写真を見ながら口頭で屋根状態をご説明させて頂きました。
太陽光温水器とアンテナは現在使用していないとの事でしたので、撤去処分工事、漆喰の塗り替え工事のお見積り書を作成し、後日ご説明にあがらせていただきました。工事に入ることになりましたら、またブログでご紹介させて頂きます

漆喰の塗り替え工事はこんな感じです。

雨漏りしてしまう前に、屋根のメンテナンスをしておきましょう(^^)/

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ地域の施工事例

施工事例

摂津市の5階建てマンションの強風で飛散したカラーベスト、棟包板金補修工事

カラーベストの棟包板金が飛散して、中の木材も朽ちて欠損してます。
新しく棟板金と取り付け、飛散したカラーベストも補修しました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包板金
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
35万円(昇降用足場含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市入母屋屋根袖

1階の仏間からの雨漏りという事で、外側の屋根を見てみました。全体的に瓦の寿命がきていて所々割れているのが見受けられました。

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

茨木市カーポート

カーポートの屋根が破損しているのでお見積りをお願いしたいとお問い合わせをいただき、調査を行わせていただきました。こちらがカーポートの屋根です。ポリカーボネート材の折板の屋根になります。駐車場自体が広く屋根も大きめに作られていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060