オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大阪市 押し入れでポタポタ雨漏りしているT様邸の屋根調査


大阪市のT様より雨漏り調査のお問い合わせを頂きました。

押し入れで、水が溜まるほどではないけど、タオルが染みる程度に雨漏りしているので一度見に来てほしいです。とのことでした、スケジュールが開いておりましたので、早速屋根調査をしてきました
お客様に了承を頂き、雨漏り箇所の確認をさせていただきました。
天井の雨漏り状況
天井の雨漏り状況2
天井の雨漏り状況3
天井の雨漏り状況4
雨シミをたくさん発見できました。雨漏りで天井が湿っている箇所もございました。
雨漏り箇所を確認後、屋根に上らせていただきました。

雨が降り、屋根の上は大変滑りやすくなっています。細心の注意を払い調査していきます。
屋根前景
T様邸の屋根はこのような造りになっていました。
奥の屋根は葺き替え(ふきかえ)工事をしたらしく、手前の屋根は手を付けていないそうです。
雨水の流れ
葺き替えを行った屋根の方から撮った写真です。

雨水の流れは黄色矢印の方へ流れます。
平行谷板金
流れてきた雨水は、この平行谷板金に集まり排水されるのですが、この板金は、銅板からできていて、酸性雨の影響で穴が開いていました。ここから雨水が浸入し、雨漏りしていました。

この上から、酸性雨に対応できる、ガルバリウム鋼板でのカバー工法をご提案させて頂きます。
壁も板金仕様
壁部分も板金で施工されていました。サビが目立ちます。
こちらも新しいガルバリウム鋼板をご提案させていただきます。
漆喰の剥がれ
棟(むね)部分を見ますと、漆喰(しっくい)が剥がれて、土が見えていました。
漆喰が剥がれると、下の土が雨水を吸収し、雨漏りの原因になったり棟瓦が崩れていってしまう恐れがあります。

棟部分の葺き替え工事までしなくても、漆喰の塗り直しで対応できますのでそちらでご提案させていただきます。

予算的にもあまりかからないように、とのことでしたので、今回は部分補修でご対応できますので2通りご提案させていただきました。工事が決まりましたら、ブログにてご紹介させていただきます。ありがとうございました。

漆喰の塗り直し工事はこちらの過去のブログをご参考にしてください

【街の屋根やさん 大阪門真店】0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

枚方市 瓦屋根では定期的なメンテナンスが必要な漆喰の塗り替え

漆喰が剥がれて土が見えている
漆喰塗り替え完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市I様邸 屋根面戸漆喰・鬼廻りコーキング漆喰工事

漆喰施工前
完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
築31年
建坪
26坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

片棟の面戸漆喰を塗り直します。

枚方市のお客様で、前回は瓦部分の補修工事を紹介させて頂きましたが、今回は板金工事部分のご紹介です。屋根形状が差し掛け屋根で、上屋根と下屋根の間に壁があるですが、そこの壁部分から雨水が侵入しているようですが、そんなに大きな壁でもないし、サッシ...........

濃いrチョコという色の和形釉薬瓦

枚方市のお客様で、屋根から雨漏りをするとの依頼で、屋根の点検を行わせてもらいましたら、葺かれている和形釉薬瓦が浮き上がっており、ケラバ部分の袖瓦もズレが生じていたので、その部分の補修工事と、ケラバ瓦のズレ補修及び補強工事、面戸漆喰工事を行わ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060